レビュー

コーヒーキャニスター保存容器 口コミ評判レビュー

コーヒーキャニスター保存容器 口コミ評判レビュー アイキャッチ

コーヒーキャニスターを実際に使ってみた感想や良い点と残念な点などをレビューします。

この記事はこんな人におすすめ!

  • Amazonや楽天などで販売されているコーヒーキャニスターの良い点と悪い点を知りたい
  • 当たり障りのない情報ではなく真実を知りたい
  • 実際に使用してみた感想を知りたい

コーヒーキャニスターのレビュー

AmazonでMYFEELGAGAブランドから発売されているコーヒーキャニスター保存容器をレビューします。

MYFEELGAGAブランドのコーヒーキャニスターの主な特長は下記の2つです。

  • 交換用バルブが4つと交換手順書が付いている
  • 計量スプーンが付いている。本体横にスプーンホルダーが付いている

Amazonや楽天などのWebショッピングサイトでは同じ商品をブランド名を変えて販売しています。

ステンレス製のコーヒーキャニスターの価格はサイズにもよりますが概ね2000円以上します。MYFEELGAGAのコーヒーキャニスターは最安値に近い商品です。

なので、購入を検討する際は価格と付属品の有無が大きなポイントになります。
その点、MYFEELGAGAの商品は前述した付属品が付いているので購入の第一候補でした。

そもそもコーヒーキャニスターとは

コーヒーキャニスターはコーヒー豆やコーヒー粉(インスタントコーヒー)を入れる密閉性が高い保存容器なのでコーヒー豆の鮮度を維持した状態で保存できるのが特徴です。

キャニスターは合成樹脂、ガラス、ステンレス鋼、陶器など様々な素材で作られています。

もちろん、コーヒー以外の紅茶やドライフルーツなどの保存にも適しています。

金属製コーヒーキャニスターは3サイズ

主な金属製コーヒーキャニスターには下記の3サイズがあり、収納できる容量はそれぞれ下記のようになります。

  • 800ml
    コーヒー豆収納容量270g、コーヒー粉収納容量200g
  • 1500ml
    コーヒー豆収納容量500g、コーヒー粉収納容量380g
  • 1800ml
    コーヒー豆収納容量650g、コーヒー粉収納容量550g

もちろん上記以外のサイズの金属製コーヒーキャニスターもありますが、当記事と全く同じ商品でブランド(販売店名)が違うだけでのコーヒーキャニスターに関しては上記の3種類のラインナップです。

当記事は1500mlサイズのキャニスターのレビューになります。

MYFEELGAGAブランドのコーヒーキャニスターの仕様

MYFEELGAGAコーヒーキャニスター(1500ml)の仕様
材質ステンレス ※本体以外は亜鉛メッキスチール製
本体寸法蓋を含めない寸法:幅12.5×高さ13.3㎝
蓋を含めた寸法:幅12.8×高さ15㎝
本体重量440g
容量1500ml
コーヒー豆収納容量約500g
コーヒー粉収納容量約380g
本体寸法幅12.5×高さ13.5㎝

付属品

付属品は予備の交換用バルブが4つと、バルブ交換手順書、軽量スプーンです。

MYFEELGAGAコーヒーキャニスター本体と付属品一式MYFEELGAGAコーヒーキャニスター本体と付属品一式

バルブ交換手順書

MYFEELGAGAコーヒーキャニスターのバルブ交換手順書MYFEELGAGAコーヒーキャニスターのバルブ交換手順書
↑バルブを交換するときは蓋中央の部品を取り外さないといけないので簡単ではありません。

外観

コーヒーキャニスターの外観(スプーンホルダー側)コーヒーキャニスターの外観(スプーンホルダー側)
コーヒーキャニスターの外観(開閉レバー側)コーヒーキャニスターの外観(開閉レバー側)
コーヒーキャニスターの外観(蝶番側)コーヒーキャニスターの外観(蝶番側)
コーヒーキャニスターの外観(底面)コーヒーキャニスターの外観(底面)

コーヒーキャニスターの蓋コーヒーキャニスターの蓋

↑蓋には日付の目盛が付いています。
真ん中の金属製のつまみが月を示します。外側のつまみの29とあるのは日です。
このつまみを回して日付をコーヒーの保存時した日に合わせると、いつ収納したのかを記憶しておける機能です。

蝶番

コーヒーキャニスターの蝶番コーヒーキャニスターの蝶番

↑蓋の蝶番の部分は金属製の棒が飛び出しています。
エッジは面取りされていて鋭利ではありませんが、引っかかる可能性は高そうです。

内観

コーヒーキャニスター本体内部コーヒーキャニスター本体内部

ゴムパッキン

Aコーヒーキャニスターの蓋に付いているゴムパッキンAコーヒーキャニスターの蓋に付いているゴムパッキン

↑蓋外周の白い埃が付着して汚れている部分がゴムパッキンです。
このゴムパッキンを金属製のレバーで挟み込むことで圧力をかけて密封している単純な構造になっています。

コーヒーキャニスターの感想

残念な点は蓋が黒いため指紋が目立つ事です。

それ以外にも蓋の蝶番の部分が金属で、凹凸がトゲトゲしいのも少し残念な点です。

それ以外にはとくに不満は感じません。

いっぽう、蓋以外は艶消しブラックの焼付塗装なので指紋が付きません。
この点は高級感とオシャレ感を醸し出している一番の要因で、最も良かった部分です。

300gのインスタントコーヒーの粉も収まる

コーヒーキャニスターと300gのインスタントコーヒー粉コーヒーキャニスターと300gのインスタントコーヒー粉
コーヒーキャニスターに300gのインスタントコーヒー粉を入れた状態コーヒーキャニスターに300gのインスタントコーヒー粉を入れた状態

↑300gのインスタントコーヒーの粉をすべて収納した状態の写真です。
Amazonでインスタントコーヒーの大袋を買う場合はちょうど良いサイズです。

まとめ

本体の色に関わらず蓋の素材は合成樹脂製で色はブラックです。
蓋は手に触れる箇所なので指紋や汚れが目立ちます。この点が一番残念に感じた箇所です。

ステンレス素材そのままの無塗装のシルバーを選択しても蓋だけは同じ合成樹脂性で黒いので、こればかりはしかたありません。

金属製コーヒーキャニスターは容量サイズが同じなら、どれを購入しても同じ様な機能とデザインなので、付属品の多さと価格の安さで購入する商品を決めるのをおすすめします。