沖縄

【旅行記】黒島への行き方 移動手段のおすすめはレンタカーor電動アシスト付き自転車?

沖縄 石垣島の隣りにある黒島への行き方と移動したときのようすや、黒島で電動アシスト付き自転車をレンタルした感想などをレポートします。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 黒島への行き方が知りたい
  • 黒島でレンタルできる電動アシスト付き自転車のようすを知りたい

黒島の詳細情報

黒島は人口約200人、周囲12キロの小さな島で住んでいる人の数よりも牛のほうが多いことで有名です。島内に空港はなく船でしか訪れることはできません。

隆起サンゴ礁で形成された最も高い場所でも15mしかない平坦な島で、島のいたるところに肉用牛が放牧されています。

そんなサンゴ礁で出来ている黒島はシュノーケリングスポットが多くあり、シュノーケリング目的で訪れる人も多いです。

黒島の数あるシュノーケリングスポットの中でも「仲本海岸」が一番有名です。
仲本海岸のシュノーケリングの記事はこちらです↓
【個人でシュノーケリング】沖縄・黒島 仲本海岸

【個人でシュノーケリング】黒島 仲本海岸沖縄 黒島の仲本海岸でシュノーケリングしたときのようすなどを実際に現場に行ってきたときの気づきや感想もまじえてレポートします。 ...

他の観光名所としては絶景がみれる「伊古桟橋」が有名です。
伊古桟橋からの絶景はこちらの記事です↓
黒島 伊古桟橋から見える絶景

黒島 伊古桟橋から見える絶景【画像8枚】沖縄の黒島にある伊古桟橋を訪れたときのようすをレポートします。 この記事はこんな人におすすめ! 黒島の伊古桟橋から見...

島内は観光する場所も多くないので半日ですべての観光名所を周ることができます。

黒島内にはコンビニは売店はありません。唯一の売店は定期船の発着場所である黒島港のターミナル内にあります。

黒島の場所と行き方

黒島は石垣島と西表島の中間にあるサンゴ礁で出来た島です。
黒島は石垣島の離島ターミナルから定期船(高速船)で行くことができます。

石垣島から定期船で黒島に行く方法

石垣島の離島ターミナル(石垣港)から黒島までは定期船(高速船)で約30分で到着します。

石垣島と黒島の間は穏やかな海域になっているので台風がこない限り定期船が欠航することはありません。

なので船酔い対策も必要ありません。船酔いする前に到着してしまいます。

黒島行の定期船の料金

石垣島と黒島間の定期船(高速船)の運賃は下記のとおりです。

  • 大人1名 片道1510円 往復2910円
  • 子供1名 片道770円 往復1480円

石垣島発黒島行の定期船の時刻表

石垣島発と黒島発の定期船(高速船)の出発時刻です。

石垣島発黒島発
8:008:40
12:3013:10
17:0017:35

黒島行の定期船の乗場のようす

黒島行の定期船は離島ターミナルの6番乗場から出発します。

離島ターミナルの6番が黒島行の定期船の乗場離島ターミナルの6番が黒島行の定期船の乗場

石垣港から出港石垣港から出港

 

石垣港の灯台石垣港の灯台

黒島に到着

黒島港に到着黒島港に到着
黒島港の桟橋黒島港の桟橋

黒島でレンタル自転車

黒島港の桟橋前には定期船の到着に合わせて多くのレンタル業者がお出迎えしてくれます。
なので、大型連休中でもなければ予め予約する必要なありません。
レンタル業者をググって探すもの手間なので不要です。

ググるときは長崎県にも”黒島”があるようで、”沖縄”を付けて検索しないといけません。

今回は16時に黒島に着いて、18時に黒島発の最終便に乗って帰るので、
黒島に滞在するのは2時間しかなく、急いで周る必要があったので、電動アシスト付き自転車を借りました。

黒島港には多くのレンタル業者さんがお出迎え黒島港には多くのレンタル業者さんがお出迎え

黒島レンタルサイクルの電動アシスト付き自転車

今回利用したお店は「黒島レンタルサイクル」です。

レンタルした電動アシスト付き自転車は1台2時間で1800円でした。

スポンサーリンク

駐輪場所から港まで往復の送迎ありです。

黒島レンタルサイクルの送迎車黒島レンタルサイクルの送迎車
黒島レンタルサイクルの駐輪場のようす黒島レンタルサイクルの駐輪場のようす
黒島レンタルサイクルでレンタルした電動アシスト付き自転車黒島レンタルサイクルでレンタルした電動アシスト付き自転車

黒島レンタルサイクルの電動アシスト付き自転車はおすすめできない

黒島レンタルサイクルでレンタルした電動アシスト付き自転車は3段変速付きでギアの調子が悪く、ときどきギア抜けしました。

黒島の移動手段は普通の自転車で十分

黒島は坂道がなく、平たんな島なので、普通の自転車で十分です。

今回時間が2時間しかなく急いで移動する必要があったので、電動アシスト付きにしたことで、少しだけ気が楽になっただけでした。

黒島内の移動手段は5つ

黒島は小さい島で道も平たんなので移動手段は自転車がおすすめです。

とはいえ、自動車で回りたい場合も台数は少ないですがレンタカー屋さんもちゃんとあります。
「黒島レンタカー」というお店でガソリン代込み2時間で3000円で借りれます。

他にはバスもあります。港から中本海岸まで300円です。

黒島で利用できる移動手段は全部で5つです

  1. レンタカー 2時間 3000円
  2. 原付  1時間 800円~
  3. 電動アシスト付き自転車 4時間で1800円~
  4. 自転車 4時間で 800円~
  5. バス 中本海岸まで300円

一番安い自転車で十分です。

黒島のおすすめ移動手段は自転車

黒島の観光名所を全てまわるときでも移動手段は自転車で十分です。

料金が倍以上する電動アシスト付き自転車は不要です。

今回利用した電動アシスト付き自転車はペダルをこいでいると急にギア抜けしてこぎにくかったので普通の自転車のほうがはるかにましでした。

黒島のようす

黒島は直線が多いです。交通量は極端に少なく自転車で走っている間に自動車とすれ違ったことは1度もありませんでした。

黒島の道路黒島の道路
黒島の牛黒島の牛

↑いたるところに牛がいます。

黒島の民家黒島の民家

まとめ

黒島で電動も含めて自転車をレンタルする場合は事前予約は不要です。

定期船に合わせてレンタル屋さんが港にいるので、声を掛けるだけです。

どんな繁忙期でも自転車は空いているはずです。

予約なんてしなくてもまったく大丈夫です。

下手に予約するとレンタルあるあるの状態のわるい自転車などが割り当てられる可能性が高くなるだけなのでおすすめしません。

最もおすすめの移動手段は自転車です。

その次におすすめなのは原付です。

電動アシスト付き自転車は普通の自転車と原付がレンタルできない場合に初めて検討すればOKです。