デザート・お菓子

群馬みなかみ町 大とろ牛乳の全メニューと実食レポ

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 アイキャッチ

群馬県利根郡利根郡みなかみ町にある菓子工房 大とろ牛乳を利用したときのようすを気づきや感想をレポートします。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 群馬県みなかみ町の菓子工房 大とろ牛乳のようすが知りたい
  • 菓子工房 大とろ牛乳の全メニューが知りたい
  • 大とろ牛乳を食べた正直な感想が知りたい

この記事を見ることで得られるメリット

  • 大とろ牛乳を食べたときにがっかりしなくなります

大とろ牛乳の詳細情報

菓子工房 大とろ牛乳は群馬県みなかみ町で販売されているスイーツです。

わざわざ群馬県に行かなくても都内にも店舗があるので全く同じものを買って食べることができます。

そもそも大とろ牛乳とは材料に牛乳とコラーゲンを混ぜて作られた新食感のデザートです。

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗のようす

2020年1月12日(日) 宝川温泉 汪泉閣に行った帰りに菓子工房 大とろ牛乳に行ってきました。

大とろ牛乳の外観

駐車場は2台分しかないため、付近に路上に駐車している車が溢れているのでお店は直ぐにわかります。

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗外観群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗外観

時刻は11時55分

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗の全容群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗の全容
群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗入り口群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗入り口

大とろ牛乳の内観

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗内の自動販売機群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗内の自動販売機
↑店内入って直ぐにある大とろ牛乳の自動販売機。
500円で持ち帰りもできます。

店内のサイン色紙

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店内に飾られた有名人のサイン色紙群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店内に飾られた有名人のサイン色紙

↑ 有名人がTVの撮影で残したサイン色紙が飾ってあります。

インスタ用の看板

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 インスタ用の看板群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 インスタ用の看板

↑ インスタ用の看板もあります。
知らないうちに宣伝になっているわけです。

大とろ牛乳 メニュー

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳のメニュー群馬県みなかみ町の大とろ牛乳のメニュー

↑もっとも目に付く場所に設置されているこのメニュー表に、一番安価な大とろ牛乳のトッピング無しのプレーン(500円)が書かれていないことに注目。

なんと、大とろ牛乳のプレーン(500円)は販売カウンターの上に目立たないように記載されています。

上記写真のメニューはおススメの順番に並んでいるのですが一番高価なものが一番上にありおすすめされていることにも注目です。
穿った見方をすると、お店の利益が出る順に並んでいるのではないでしょうか。

無理して余計な金額が加算されているトッピング付きの大とろ牛乳は買う必要はありません

メニュー

大とろ牛乳 メニュー
大とろ牛乳 メニュー税込金額
大とろ牛乳プレーン500円
地元産やよいひめのごろごろいちご700円
大人の珈琲ゼリー650円
はりこみ刑事(あんこ+ラスク)650円
地元産 紅あずまの石焼いも650円
ハニーナッツ650円
香りの抹茶ゼリー650円
生チョコのクラッシュ650円

おすすめはトッピング無しの大とろ牛乳(500円)プレーン

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳の販売カウンター群馬県みなかみ町の大とろ牛乳の販売カウンター

↑ インスタ映えを無視したら、おススメはトッピング無しの大とろ牛乳(500円)で十分。

この接客カウンターの目に付きにくい、目線を上にしないと見えない場所にきちんとプレーンの大とろ牛乳(500円)のメニューがあります。

トッピングは甘みが無く味がないのでプレーンのほうが逆に美味しいです

無料のトッピング

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 無料のトッピング群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 無料のトッピング

無料のトッピングは次の3種類

  • 黒ごま
  • きなこ
  • ココアパウダー

ココアパウダーは気管に入ってむせるので掛けないほうが◎

ココアパウダーは旨味も甘みも無いのでかけないほうが美味しく食べることができます。
かけたほうが美味しそうに見えるのは確かですがココアは掛けないほうが良いです。

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳に振りかけたココアパウダー群馬県みなかみ町の大とろ牛乳に振りかけたココアパウダー

↑ ココアパウダーは粒子が細かいので食べる時にパウダーが気管に入ってむせてしまうので要注意です。

ココアパウダーは大とろ牛乳を食べる時に気管に入ってしまうので注意!

大とろ牛乳 実食レポ

ここからは大とろ牛乳の実食のようすです。

大とろ牛乳 珈琲ゼリーと生チョコのクラッシュ

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 大人の珈琲ゼリー(左側)と生チョコのクラッシュ(右側)群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 大人の珈琲ゼリー(左側)と生チョコのクラッシュ(右側)

↑ 左側が大人の珈琲ゼリー(650円)、右側が生チョコのクラッシュ(650円)
生チョコとコーヒーゼリーはぜんぜん甘くありません。
砂糖が入っていないようです。

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳の猫

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗前にいた猫群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 店舗前にいた猫
↑ どこからともなく人懐っこい猫がきました。
あきらかに大とろ牛乳をもらおうとしています。

大とろ牛乳の返却口

群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 容器の返却口群馬県みなかみ町の大とろ牛乳 容器の返却口

↑トレーと容器は返却口に返します。
さっきの猫はお店の飼猫なのだろうか猫にエサを与えないで下さいと貼紙がしてあります。

大とろ牛乳 まとめ

大とろ牛乳は味に期待してはダメです。

あくまでもインスタグラムで写真を投稿するために存在しているスイーツだと思ったほうがいいです。

美味しそうに見えるためには豪華なトッピングが必要なのは理解できます。

ですが、そのトッピング自体には味が付いていないのでその点だけ注意が必要です。

まあ、味が付いていないのはトッピングだけではなく、大とろ牛乳本体にも同じことが言えるのですが。

なのでわざわざ大とろ牛乳を食べに遠方から群馬県まで行くのは、悪いことは言わないのでやめたほうがいいですよ。

近くに寄ったからついでに行くこともおすすめしません。

これらはすべて味に期待している場合に限って言っているので写真映えが目的なら評価は逆になります。

  • 正直言ってまったく美味しくなかった
  • 味と甘さがほとんど無い。トッピングも含めてすべて味が薄い
  • 味に期待は厳禁。見た目を楽しむだけと割り切った方がいい
  • 価格が高い。100円でもリピートしない
  • トッピング無しのほうが断然いい
  • どうしても大とろ牛乳を食べたい場合はプレーン(500円)がおすすめ
  • メディア(SNS)の影響は凄いことを実感した
  • 「メディア(TV)で紹介された=美味しい 」ではないことを再認識できた
  • 店の利益ではなく、本当にお客さんのことを第一に考えているお店は、SNSなどで宣伝しなくても自然と人気がでて繁盛する。大とろ牛乳はそれとは違う気がしてならない