レビュー

Insta360 バックバー ウエストストラップ 口コミ評判レビュー

Insta360 バックバー ウエストストラップ 口コミ評判レビュー アイキャッチ

Insta360などのアクションカメラ用のバックバー ウエストストラップを実際に使って感じたことや良い点と残念な点などをレビューします。

この記事はこんな人におすすめ!

  • バックバー ウエストストラップの良い点と悪い点を知りたい
  • 当たり障りのない情報ではなく真実を知りたい
  • 実際に使用してみた感想を知りたい

バックバー ウエストストラップのレビュー

バックバー ウエストストラップは主に360度カメラに必要な高い視点をフリーハンドで得ることができるウェアラブルカメラアクセサリーです。

バックバー ウエストストラップの特長

バックバー ウエストストラップの主な特長は下記の2つです。

  • 身体にアクションカメラを固定できるので手がフリーになる
  • 腰に取り付けるので身体の動きの制限を受けにくい

バックバー ウエストストラップの仕様

バックバー ウエストストラップの仕様
ジョイント規格1/4ネジ
材質ポリカーボネート、エチレン酢酸ビニル
サイズ20×100×11cm
本体重量約490g

バックバー ウエストストラップの外観

Insta360バックバー ウエストストラップのジョイント部正面Insta360バックバー ウエストストラップのジョイント部正面
Insta360バックバー ウエストストラップのジョイント部側面Insta360バックバー ウエストストラップのジョイント部側面

↑ジョイント部分の向きは約180度可動します。

Insta360バックバー ウエストストラップのベルト部分Insta360バックバー ウエストストラップのベルト部分

バックバー ウエストストラップの感想

実際にバックバー ウエストストラップにInsta360の公式自撮り棒を組み合わせて使ってみて残念に感じた点と良い点を解説します。

シュノーケリング時に海中で利用したときの感想も書いています。

一緒に使った自動り棒はこちらです↓

バックバー ウエストストラップの残念な点

残念なのは2点です。

  • カメラとのジョイント部分の出っ張りがあるので持ち運び時に荷物がかさばる
  • 周囲から目立つ

ジョイント部分のサイズが大きいので収納時に不便

アクションカメラと接合するジョイント部分の出っ張りが大きいのでコンパクトに折り畳むことができません。

荷造りするときに予想以上に容積を必要とします。

対策としてはジョイント部分を分解して外すと、コンパクトに収納することができます。

分解してもジョイントの根元の土台部分の面積が大きく材質が固いので小さく折り畳むことはできません。

ジョイント部分を分解する時に必要な工具はスパナ1本(ワンサイズ)だけでOKです。

バックバー ウエストストラップのジョイント部分は分解可能バックバー ウエストストラップのジョイント部分は分解可能

周囲から目立つ

バイクに乗りながらバックバー ウエストストラップを付けて1メートル以上伸ばした状態の自撮り棒の先にInsta360を付けて撮影しましたが、とにかく周囲から目立ちます。

とはいえ気にならない人はまったく気にならないと思います。

バックバー ウエストストラップの良い点

良い点は1つです。

  • 安定性と耐久性が高い
  • 両手がフリーになる

安定性と耐久性が高い

バックバー ウエストストラップ本体は軽量なのに、頑丈で耐久性の高い素材で出来ているので、直ぐに壊れるようなことはありません。高速走行するバイクの風圧でもびくともしませんでした。

ジョイント部分は約180度可動するので向きを変更できますが、どの向きにしても、緩んで向きが変わるようなこともありません。

自撮り棒を垂直に取り付ける場合は問題ありませんが、水平にして取り付けると重力の負荷が掛かるのでネジが緩んでくる可能性は高くなるかもしれせん。

向きを調整するネジ部分も直径のあるボルトを利用しているので指だけでしっかりと向きを固定することができます。ボルトが折れる心配も無用です。

ボルトバイクの振動でもネジが緩んでくることはなかったので、心配する必要はないと思います。

ジョイント部分と根元の土台部分とは2本のボルトでしっかり止まっているので、折れるのは想像できません。

ジョイント部分の素材は飛行機のキャノピーにも使われているポリカーボネート製なので直ぐに壊れるといったこともなさそうです。

全体的にバックバー ウエストストラップは丈夫でしっかりとした造りです。
なんなら組み合わせて使っていた自撮り棒のほうが明らかに耐久性は低いです。

両手がフリーになる

バックバー ウエストストラップの最大のメリットは身体にカメラを固定できるので両手がフリーになることです。

なのでバイクやスキー、スノボなどの身体や手を使うスポーツをする時の撮影には非常に重宝します。その用途のためだけにバックバー ウエストストラップは存在しているとも言えます。

高い視点が必要な360度カメラ用に特化したアクセサリーです。

いっぽうで360度カメラじゃない普通のGoProの撮影には向きません。
なぜなら、わざわざ高い視点を用意する労力を考えると、360度撮影できないカメラを取り付ける意味もメリットもまったく無いからです。

シュノーケリングで利用したときの感想

バックバー ウエストストラップにInsta360の公式自撮り棒を接続し先端にInsta360 ONE Rを装着して実際に海でシュノーケリング時に使ってみましたが、腰に付けると身体の正面側にカメラを向けることになるので自撮り棒が邪魔になりました。

途中でカメラを腰から外して手に持ち替えました。

シュノーケリングに360度カメラは不向きです。

水中での使用はおすすめしませんが、もしバックバー ウエストストラップを海で使う場合は金属部品が錆るので、ボルトをステンレスかアルミ製に変更したほうがいいです。
半年以上放置するとネジが錆て外れなくなるからです。

バックバー ウエストストラップ まとめ

バックバー ウエストストラップのメリットは両手がフリーになることなので、バイクやスキーやスノボの走行動画の撮影に最適です。

GoPro用の安かろう悪かろうな安価なアクセサリー部品とは違い、Insta360 バックバー ウエストストラップは安全性と耐久性に配慮して造られているきちんとしたアクセサリーです。

くわえて、計量かつ丈夫でしっかりとした造りなので安心して利用することができます。

Insta360 ONE R0の記事はこちらです↓
Insta360 ONE R 口コミ評判レビュー