レビュー

GoProを海外の公式サイトから注文する方法

GoProは海外の公式サイトから注文したほうが日本国内よりも割安で購入することができます。

そこで、1人でも多くの海外サイトで注文するときの不安や疑問点などを解消できたらと思い、私の体験を書いてみました。

この記事はこんな人におすすめ!

  • GoPro公式サイトで購入した場合、商品が届くまでの日数が知りたい
  • GoPro公式サイトで購入する場合、届け先住所は日本語入力でも大丈夫?
  • GoPro公式サイトでクレジットカード情報を入力したらエラーが出て先に進めない

海外のGoPro公式サイトでお得に買える条件

国内正規品を買うよりも、海外公式サイトで購入するほうが割安になるのは、
1年間のGoProサブスクリプションを同時に購入することが条件になります。

GoProサブスクリプションは1年ごとに自動継続されるので、
そもそも、必要がない場合や、安く購入するのが目的な場合は
忘れずに解約する必要があります。

サブスクリプションサービスが不要な場合は、直ぐに解約することが可能です。

解約するのを忘れるのが不安な場合のために、
解約手順を載せましたので、参考にしてください↓
GoProサブスクリプションを解約する方法と詳細手順

GoProの価格比較

GoPro9を例にした場合、日本国内正規品だと5万円前後です。

いっぽう、海外公式サイトからGoProサブスクリプションセットで購入する場合だと、
51800円(GoPro本体セットが45800円、サブスクリプションが6000円)です。

この金額だけみると日本国内で購入したほうが安いです。

でも、海外のGoPro公式サイトで購入すると付属品がセットで付いてきます。

そのセットになっている付属品が”お得”なんです。

公式サイト GoProサブスクリプションセットの内容

2021年7月時点のセット内容です。

セット内容:

  • マグネティック スイベルクリップ
  • スペアバッテリー
  • フローティング ハンドグリップ
  • 32GB SDカード

※ケースも付きますが、これはどこで買っても標準で付属しているケースと内装が違うだけです。

これらのセットの付属品は単品購入時だと付いてくる化粧箱や取扱説明書は付きません。

すべて裸の状態でGoPro本体と一緒に専用ケースに入って届きます。

これらの付属品を日本で購入した場合の総額は、サブスクリプション代の6000円とほぼ一緒です。

なので、実質45800円で購入しているのと同じになります。

サブスクリプションサービスを使い倒す予定の人は海外のGoPro公式サイトから購入することをおすすめします。

とはいえ、海外からの購入になるので、日本国内正規品を購入するよりも、
不良品対応の面で不安になったことも確かです。

海外GoPro公式サイトから購入する場合のメリット

GoProサブスクリプションセットを購入するとGoProのパーツ、バッテリーやらが最大で50%になる特典が付いてきます。

それは次回以降ではなく、初回のGoProサブスクリプションセットを購入する注文時から特典の割引を受けることができます。

ものによって割引率が異なりますが、20%~50%オフになります。

例えば、「HERO9 Black 充電式カメラバッテリー」は20%オフの2000円で購入できます。

1度の注文で購入できるバッテリーの個数は2個までという制限が付いています。
※本体付属のもの以外は2個までということ。
なので、本体にセットで付属しているバッテリーはカウントされません。

例えば、「HERO9 Black デュアルバッテリー充電器+スペアバッテリー」は 1個にカウントされますが、「HERO9 Blackセット(GoPro本体)」に入っているスペアバッテリーはカウントされません。

海外GoPro公式サイトから購入する場合のデメリットは関税がかかること

海外のGoPro公式サイトで購入する時のデメリットは買いすぎると関税がかかることです。

こればかりはケースバイケースだと思うので、検証はしていませんが、必要最小限の購入であれば、まずかからないと思います。

参考に私が注文した時にかかった関税の金額は2244円でした。

税金、関税、キャリアサーチャージという箇所です↓

GoPro公式サイトで注文時に発生した税金、関税、キャリアサーチャージGoPro公式サイトで注文時に発生した税金、関税、キャリアサーチャージ

海外公式サイトから購入する場合の懸念点

GoProサブスクリプションサービスが不要な私にとって海外公式サイトから購入する場合の懸念点は次の3つでした。

  1. 購入後のアフターケア、不良品や故障の保証が不安
  2. GoProサブスクリプションを解約するのがめんどくさい
  3. 購入した商品が届くのに時間がかかりそう

これらの不安点は今では解消しています。

では、実際にどのような不安があったのか個別に見ていきましょう

①購入後のアフターケア、不良品や故障の保証が不安

初期不良や保証期間内での故障などは、

公式ページ内のGoPro サポート ハブ からアフターケアを受けることが可能です。

基本的にはチャットでの対応となり、日本語対応可能です。

実際に海外のGoProカスタマーサポートで故障品を問い合わせたときのようすをまとめました↓
GoPro海外公式サイトのチャットサポートで故障品を問い合わせる方法

GoPro海外公式サイトのチャットサポートで故障品を問い合わせる方法海外のGoPro公式サイトのカスタマーサポートで問い合わせたときのようすをレポートします。 この記事はこんな人におすすめ! ...

②サブスクリプションを解約するのがめんどくさい

GoPro公式サイトから簡単に解約することが可能です。

直ぐに解約しても契約日から丸1年間はサブスクリプションサービスの特典は利用できます。

なので、1年以内に解約することを忘れないようにしないといけません。

GoProサブスクリプションの解約方法と詳細な手順はこちらの記事にまとめています。
GoProサブスクリプションを解約する方法と詳細手順

GoProサブスクリプションを解約する方法と手順 アイキャッチ
GoProサブスクリプションを解約する方法と詳細手順GoPro公式サイトからサブスクリプションを解約する方法を詳しく解説します。 当記事を読めばサブスクリプションを直ぐに解約すること...

③購入した商品が届くのに時間がかかりそう

私の場合、購入した商品一式は注文した日から3日で届きました。

実際に注文した日は2021年6月22日(火)の14時です。

購入した商品一式は2021年6月25日(金)の午前中に届きました。

購入時に在庫状況が表示され、在庫の有無がわかるので、
注文するものが全て在庫があった場合に限っては3日で届くと思って問題ないと思います。

ただ、シンガポールから届くので、向こうの休日や営業日以外を挟んだりした場合は長くなる可能性はあります。

GoPro公式サイトにも”UPSで3日~4日でお届け”と記載があります。

このように大幅に遅いというわけではありません。

日本国内の通販で購入するよりも若干時間はかかるという程度です。

最も大変なのは住所のローマ字入力

GoPro公式サイトから注文する場合に一番大変だったことは、
日本の住所をローマ字に直して入力しないといけないことです。

巷には、日本語入力OKとの情報も出回っているようですが、
私の場合は、日本語になっている箇所が1つでもあった場合、
最後の決済処理でエラーになり、購入することができませんでした。

クレジットカード情報入力後の「同意して実行」エラー対処方法

クレジットカード情報入力(3:支払い)画面の下の「同意して実行」ボタンを押すと
次のエラーが出て進むことができませんでした。

GoPro公式サイト 注文時の支払い情報エラーGoPro公式サイト 注文時の支払い情報エラー

Your order could not be submitted. Please review your payment details for errors and try again. You may need to contact your issuing bank.
「ご注文は送信できませんでした。お支払いの詳細に誤りがないか確認して、もう一度お試しください。発行銀行に連絡する必要がある場合があります。」

エラー対処方法

下記の対策で回避できました。

  • 全てローマ字(アルファベット)で入力する
  • 電話番号は先頭の0を”+81″に置換える
    例: 05012345678だった場合、
    +815012345678
  • クレジットカードの”名称”欄には名前と苗字の間にスペースを入れない

これらを守ると注文確認画面に進むことができます。

プロモーション コードをお持ちですか?

注文確認画面でプロモーションコードの入力欄が表示されます。

GoPro公式サイの注文確認画面にあるプロモーションコードの入力欄GoPro公式サイの注文確認画面にあるプロモーションコードの入力欄

どんなに頑張ってネット中を探してもプロモーション コードは落ちていません(笑)

まとめ

GoProを日本国内の店舗で購入する場合、店舗まで買いに行く必要があり、初期不良や保証期間内に故障した場合も同様に店舗まで出向かないといけません。

これって前時代的な仕組みだし、移動時間や手続きにかかる時間が無駄だと思います。

現在ではWebサイトで購入するほうが安くて速いので、Amazonや楽天などのWebサイトから購入する場合がほとんどだと思います。

だったら、海外の公式サイトで購入しても同じことだと思います。

国内正規品のほうが昔ながらの保証の仕組みが残っているので安心なのもよくわかります。

ですが、例えば 国内正規品として購入したGoProが1か月で壊れた場合、販売店が発行したレシートや領収書などの販売証明(購入日がわかるもの)が無い場合は保証が受けれません。

つまり、国内正規品の保証を受けるにはレシートなどの紙や電子媒体を介す必要があるわけです。

だったら、公式サイトでGoProを購入したほうが、国内正規品の保証のような面倒な手続きやら、販売店を介す必要がないので、スッキリはっきりしていると思います。

GoPro公式サイトで購入したGoProが故障した場合、購入した履歴情報が、登録したメールアドレスに紐づいているので、購入日時などの必要な情報すべてが公式サイト内で完結するため、逆に国内正規品よりも早く故障対応をしてもらえるのではないでしょうか。

とはいえ、長年GoProを使っていますが、今まで一度も故障したことがないので、どちらで購入したほうが交換までのロスタイムがないのかわからないのも事実です。

結局は価格がいちばん大事ですね。。

GoPro公式カスタマーサポートに問い合わせたときのようすはこちらの記事を参考にしてください↓
GoPro海外公式サイトのチャットサポートで故障品を問い合わせる方法

GoProのバッテリーと充電器について純正品とサードパーティー製どちらがおすすめなのかまとめた記事です↓
GoProのバッテリーと充電器 純正とサードパーティー製どっちがおすすめ? 比較検証