沖縄

【旅行記】西表島 カンピレーの滝の行き方 トレッキング実体験レポート

沖縄県 西表島のカンピレーの滝の行き方とトレッキングのようすをレポートします。

この記事はこんな人におすすめ!

  • カンピレーの滝の行き方とようすを知りたい

カンピレーの滝の詳細情報

カンピレーの滝は沖縄の西表島の中央の山地にある落差約20m、幅約50mの滝です。

高低差が少ない滝が長さ約200m、数段にわたって続きます。
周辺には多数の甌穴があり、その直径は最大60cmあります。

カンピレーの滝の場所

カンピレーの滝は西表島の浦内川河口から約8㎞上流の軍艦岩まで遊覧船で行き、そこから続く遊歩道を歩いて約45分の場所にあります。

浦内川の軍艦岩浦内川の軍艦岩

カンピレーの滝の行き方

浦内川河口から出ている浦内川観光の「浦内川ジャングルクルーズ」の遊覧船を利用して「軍艦岩」まで行きます。
そこからはカンピレーの滝まで徒歩で約45分です。
浦内川ジャングルクルーズを利用して軍艦岩までの行き方はこちらの記事にまとめています。↓
【旅行記】西表島 浦内川ジャングルクルーズ実体験レポート

カンピレーの滝を目指してトレッキング

ここからは浦内川の軍艦岩から徒歩でカンピレーの滝に行ったときのようすです。

浦内川の軍艦岩からトレッキング開始

カンピレーの滝に続く遊歩道はアップダウンがあり、坂道や階段も多く、決して楽ではありません。

ゆっくり行けば1時間ぐらいかかる山道です。
ビーチサンダルだときついと思います。
スポーツサンダルなら大丈夫です。

カンピレーの滝に続くトレッキングコースカンピレーの滝に続くトレッキングコース

トレッキングを開始してすぐに休憩所がありますがトイレはありません↓

カンピレーの滝に続くトレッキングコースにある休憩所カンピレーの滝に続くトレッキングコースにある休憩所

トレッキングコースは日が当たらない箇所が多く薄暗いのでコケが生えています。
雨が降ってたりして濡れていると滑りやすいです。

カンピレーの滝に続くトレッキングコースのようすカンピレーの滝に続くトレッキングコースのようす

カンピレーの滝までの道中に7つの沢があるらしいのですが、水が多く出ていたのはここぐらいでした↓

カンピレーの滝に続くトレッキングコースの途中にある沢カンピレーの滝に続くトレッキングコースの途中にある沢

途中に「マリュドゥの滝」の分岐点がありますが、寄りませんでした。

マリュドゥの滝への分岐点

カンピレーの滝に続くトレッキングコースの途中にあるマリュドゥの滝への分岐点カンピレーの滝に続くトレッキングコースの途中にあるマリュドゥの滝への分岐点

↑マリュドゥの滝はこの階段の下にある。
かなり段数が多い階段なので大変そうです。

カンピレーの滝に続くトレッキングコースにあるカンピレーの滝近くの看板カンピレーの滝に続くトレッキングコースにあるカンピレーの滝近くの看板
カンピレーの滝に続くトレッキングコースにあるカンピレーの滝の案内板カンピレーの滝に続くトレッキングコースにあるカンピレーの滝の案内板

カンピレーの滝

カンピレーの滝のようす その1カンピレーの滝のようす その1
カンピレーの滝のようす その2カンピレーの滝のようす その2

甌穴

カンピレーの滝の周りには甌穴がたくさんあります。
甌穴(おうけつ)とは河底や河岸の岩石にできる円形の穴のことです。

カンピレーの滝近辺の甌穴カンピレーの滝近辺の甌穴 その1
カンピレーの滝近辺の甌穴 その2カンピレーの滝近辺の甌穴 その2

まとめ

トレッキングコースは急なアップダウンはあまりないですが距離があるので油断しないほうがいいです。

あと、トレイが無いので船に乗る前に済ませる必要があります。

スポンサーリンク

私たちはマヤグスクの滝を目指して急ピッチで先を進む必要があったため、マリユドゥの滝には寄らなかったのですが、今では寄らなかったことを後悔しています。
なので下りの階段があって少々きついですが「マリユドゥの滝」には寄ったほうがいいと思います。

当日、私たちはカンピレーの滝のさらに上流にあるマヤグスクの滝を目指しました。

率直に言ってマヤグスクの滝は目指さないほうが良いです。
いろんな意味で地獄だったので。
そのときのようすはこちらの記事にまとめました↓
【個人で挑戦】西表島 マヤグスクの滝 トレッキング失敗談!登山道はセミプロ以上推奨

ちなみに、私は10万円もらっても「マヤグスクの滝」には二度と挑戦したくありませんん。
なので気軽な気持ちで「マヤグスクの滝」に行くことはおすすめできません。

  • カンピレーの滝の山道は滑りやすいのでビーチサンダルだと危険
  • マヤグスクの滝に行かない場合はマリユドゥの滝にも行った方が良い
  • カンピレーの滝まではけっこう距離がある