沖縄

【旅行記】西表島 仲間川マングローブクルーズ 実体験レポート

沖縄 西表島の仲間川マングローブクルーズを利用したときのようすや感想を解説します。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 西表島の仲間川マングローブクルーズのマングローブコースのようすを知りたい

仲間川マングローブの詳細情報

仲間川は西表島の南東にある二級河川で全長約17.5km。

原始の姿をそのまま残すマングローブ林の広さは約158haあり、
下流にはオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギなどのマングローブ林があり構成種数と面積の両方で日本最大の規模を誇っており、国の天然記念物に指定されています。

川から内陸に向け生息しているマングローブ林は熱帯のそれと似ていて、
船からの景色は亜熱帯独特の風景です。

西表島 仲間川の下流西表島 仲間川の下流

仲間川マングローブクルーズ

仲間川マングローブクルーズには
下記の2コースがあります。

「マングローブコース」:大人1名 2000円 子供は半額
日本最大級のマングローブの仲間川を遊覧します。
所要時間約1時間

「サキシマスオウノキ見学コース」:大人1名 3000円 子供は半額
上記マングローブコースと上流部の遊歩道を目指し、日本最大のサキシマスオウノキを見学するコースです。
所要時間約1時間30分

当記事の内容は「マングローブコース」の体験レポートです。

仲間川マングローブクルーズの出発時刻

仲間川マングローブクルーズのマングローブコースの出港時間は時期や潮位などによってことなりますが、だいたい9:30と14:00の2便です。

当日の潮位によって14:00の便がない日もあります。

仲間川マングローブクルーズの出港場所

大原港の高速船が到着するすぐ近くに仲間川マングローブクルーズの遊覧船の乗場があります。

仲間川マングローブクルーズの乗船券

仲間川マングローブクルーズの遊覧船の乗船券チケット購入は予約不要です。

大原港ターミナルの隣りにある、
「ショップじゅごん」で乗船券を購入します。

※予約なしで乗れるのは遊覧船「マングローブクルーズ」のみでカヌーのツアーは必ず予約が必要です。

仲間川マングローブクルーズの乗船券売場「ショップじゅごん」のようす

「ショップじゅごん」は仲間川マングローブクルーズの待合所とチケット売り場とお土産屋を兼ねています。

西表島 大原港「ショップじゅごん」西表島 大原港「ショップじゅごん」
西表島 大原港「ショップじゅごん」の黒糖ソフトクリーム西表島 大原港「ショップじゅごん」の黒糖ソフトクリーム

黒糖ソフトクリームを食べて出港迄まちました。

黒糖ソフトクリームは濃厚で美味しかったのでもうひとつ買おうかとおもったほど

団体客が来たタイミングで黒糖ソフトクリームがタイムセールするので、そのときに購入すると1個につき100円以上安く購入できます

仲間川マングローブクルーズ遊覧船に乗船

「ショップじゅごん」の目の前の桟橋から遊覧船に乗り込みます。

西表島 大原港「ショップじゅごん」前の桟橋西表島 大原港「ショップじゅごん」前の桟橋
西表島 仲間川マングローブクルーズの遊覧船西表島 仲間川マングローブクルーズの遊覧船

仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」のようす

「マングローブコース」のようすです。

海から河口に入りそのまま仲間側を上流に向け遡上します。

スポンサーリンク

仲間川の河口

西表島 仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」出港直後のようす西表島 仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」出港直後のようす
西表島 仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」出港直後のようす西表島 仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」出港直後のようす
西表島 仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」下流のようす西表島 仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」下流のようす

仲間川の中流

乗船中は船頭さんがマングローブの種類などをガイドしてくれます↓

船頭さんがガイドしてくれます船頭さんがガイドしてくれます

仲間川をさらに進みます仲間川をさらに進みます

仲間川の上流

西表島 仲間川は浅瀬が多い西表島 仲間川は浅瀬が多い
西表島 仲間川のマングローブのようす西表島 仲間川のマングローブのようす

仲間川のマングローブクルーズの終点

仲間川には浅瀬が多いようです仲間川には浅瀬が多いようです

↑川底が船上から見える程浅い場所を通過しました。このあとUターンをして帰港しました。

仲間川のマングローブクルーズの帰路

西表島 仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」の帰路西表島 仲間川マングローブクルーズ「マングローブコース」の帰路

仲間川の下流の浅瀬

仲間川下流の浅瀬仲間川下流の浅瀬
仲間川下流の浅瀬に接岸仲間川下流の浅瀬に接岸

コースの最後に潮位の影響で浅瀬が出来ていました。
そこに着岸して写真撮影タイムがありました。

マングローブのようす

川の両サイドにマングローブの群生がみえました。

仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その1仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その1
仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その2仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その2
仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その3仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その3
仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その4仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その4
仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その5仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その5
仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その6仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その6
仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その7仲間川マングローブクルーズ船から見えるマングローブの群生 その7

↑川辺にサギがいます。

仲間川マングローブクルーズ まとめ

仲間川マングローブクルーズの「マングローブコース」は
浦内川のマングローブとは全く違った雰囲気でした。

一番の違いは川の幅が広く、マングローブの群生面積が広いこと。
そして、船頭さんのガイドが独特で観光しているっていう感じが濃厚です。

今回は川の全景を撮りたかったので、前に操縦桿のない、船の左側に座りましたが、
マングローブをよく見たい場合は船の右側の席に座ったほうが良いです。

マングローブコースの出発時間が季節によって違うので事前にホームページで確認してください。

仲間川クルーズは西表島の代表する景観の日本最大のマングローブの群生が見れるのでおすすめです。