レビュー

DSC-RX0M2を2年間使ってみた口コミ評判レビュー GoProとXperiaスマホとの比較

DSC-RX0M2を2年間使ってみた口コミ評判レビュー アイキャッチ

SONY(ソニー)のデジタルスチルカメラRX0 II DSC-RX0M2を約2年間使用した実体験をもとに感想や良かった点、悪い点などをレビューします。

この記事はこんな人におすすめ!

  • DSC-RX0M2を使ってみた感想を知りたい
  • DSC-RX0M2で撮影した写真や動画の画質が知りたい

この記事を読むことで得られるメリット

  • DSC-RX0M2を購入する際の参考になります

DSC-RX0M2の発売は2019年4月

DSC-RX0M2 レビュー

DSC-RX0M2は発売当初、世界最小で最軽量なコンパクトデジタルカメラでした。
しかも10m防水と2mの高さの落下耐性を備えており、4K動画が撮れます。

DSC-RX0M2の仕様

DSC-RX0M2 仕様
本体寸法W59×D35×H40.5mm
本体重量約117g
センサータイプ1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2
総画素数/有効画素数約2100万画素/約1530万画素
F値(開放)F4.0
撮影距離(レンズ先端から)約20cm-∞
手ブレ補正機能電子式
フォーカスモードオートフォーカス(AF-S)、プリセットフォーカス、マニュアルフォーカス
付属品リチャージャブルバッテリーパックNP-BJ1、ACアダプターAC-UUD12、マイクロUSBケーブル、メモリーカードプロテクタ、リストストラップ、取扱説明書

DSC-RX0M2の付属品

カメラ本体とバッテリー(NP-BJ1)、充電用のアダプター、メモリーカードプロテクター、マイクロUSBケーブル、リストストラップ、スタートガイドが入っています。

DSC-RX0M2の付属品DSC-RX0M2の付属品

DSC-RX0M2を実際に使った感想

DSC-RX0M2を使って良かった点と残念な点を書きます

DSC-RX0M2の良かった点

DSC-RX0M2はコンパクトデジカメの中では高級機の部類にはいるので高画質なのは間違いありません。それプラス防水性と堅牢性が高いです。

とくに下記の3点が良かった点です

  • 起動が早い
  • 4K動画の画質が良い
  • 水中撮影ができる

起動が早い

電源ボタンを押したら直ぐに起動します。
この軽快さはシャッターチャンスを逃すことの防止につながります。

4K動画の画質が良い

4K30FPSの動画の画質は非常に綺麗です。

画角はかなり狭いですが繊細で歪みの少ない動画を撮影することができます。

完全防水なので水中撮影に最適

DSC-RX0M2の最大のウリなのが10メートルの完全防水なので水中撮影ができることです。

水中で静止画を取る場合はDSC-RX0M2以上にコンパクトで画質の良いデジカメはありません。

DSC-RX0M2の残念な点

2年間使っていて残念に感じた点は次の4点です。

  • バッテリー容量が少ない
  • 動画撮影時のオートフォーカス機能がない
  • 設定変更がしにくい
  • メモリカードを逆向きにも挿せてしまう

バッテリー容量が少ない

DSC-RX0M2に採用されているリチウムイオンバッテリーは専用バッテリーではなく汎用バッテリーなので容量が700mAhしかありません。

仕様では下記の値しか撮影枚数/時間しかバッテリーはもちません。

静止画撮影時:約240枚
実動画撮影時間:約35分

電池の交換はしやすいとはいえ、連続動画撮影には不向きです。

写真撮影オンリーでもバッテリーの減りは体感でもかなり早く感じます。

動画撮影時にオートフォーカスが無い

動画撮影時のオートフォーカス機能が付いていないので、GoProと同じ感覚で動画撮影はできません。

発売当初はオートフォーカスが付いていなかったため動画撮影には向いていないとの口コミでしたが、「動画記録中のAF-S機能の追加」が2020年のファームウェアアップデートで実装され、セミオートフォーカス機能が使えるようになりました。

セミオートフォーカスは被写体との距離が変化する度にカメラ本体のシャッターボタンの半押しが必要なので操作性が悪く使い勝手が良くありません。

ここはGoProの圧勝です。

設定変更がしにくい

とにかく設定できる項目数が多く、カメラ本体ボタンの操作性が非常に悪いのも合わさって設定変更がしにくいです。

おまけに、液晶ディスプレイが小さく、表示される文字も小さく細かいので設定変更に一苦労します。

マイクロSDメモリカードの向きが反対でも刺さる

なんとマイクロSDカードの裏表の向きが反対でもカメラ本体に挿入することができてしまいます。もちろん向きが反対だとカメラがメモリカードを認識しないので入れ直さないといけないため、非常にめんどくさです。

DSC-RX0M2は容量512GBのマイクロSDメモリカードが使えます。恐らく1TBにも対応していると思います。

DSC-RX0M2とGoProの比較

DSC-RX0M2はオートフォーカスがないので動画撮影はGoProの圧勝です。
ただ、手動でフォーカスを変える必要がありますが、歪みの少ないナチュラルな4K画質の動画を撮るのにはDSC-RX0M2のほうが優れています。

静止画撮影はDSC-RX0M2のほうが圧倒的に優れています。

  • 動画撮影はGoProのほうが圧倒的に良い
  • 静止画撮影はDSC-RX0M2の圧勝

DSC-RX0M2とXperiaスマホの比較

4K動画で比較した場合はDSC-RX0M2のほうが画質は間違いなく良いです。
ただ、セミオートフォーカスなので操作性はXperiaスマホのほうが優れています。

最高画質での静止画撮影はDSC-RX0M2のほうが綺麗に撮れます。
ですが、4K対応ディスプレイモニターで写真を確認しても素人目にはXperiaスマホで撮影した写真と大差ありません。

  • 動画撮影はDSC-RX0M2のほうが良い
  • 静止画撮影はDSC-RX0M2のほうが良い

DSC-RX0M2レビューまとめ

DSC-RX0M2は水中撮影ができてコンパクトでズボンのポケットに入る大きさなので野外で重宝するカメラです。
おまけに起動が早くシャッターチャンスを逃しません。

とはいえ、使い勝手が良くない箇所も多いのも事実です。

静止画の画質もスマホと同等以上に綺麗に撮れますが、バッテリーがすぐに切れてしまいます。

そして、カメラ単体のセミオートフォーカス操作はカメラ本体側ボタンの半押しで行うのですが、そのボタンが固く、かつ可動する上下幅のストロークが狭いので、ほぼ不可能です。

DSC-RX0M2は良い印象の多いカメラなので、悪い点は目立ちにくいです。
ですが、実際に使用するとなるとこのような問題点に遭遇することになります。

なので、動画撮影はGoPro、静止画撮影は1眼カメラのように、それ専用に作られた機器のほうが優れていることは確かです。

DSC-RX0M2は水中撮影専用、またはサブ機として携帯することをおすすめします。

動画撮影時のフォーカスを別の被写体に変更する操作がカメラ本体側のボタンだと非常にしにくいので、別売の「シューティンググリップ GP-VPT2BT」があるとセミオートフォーカス操作がしやすくなります。