温泉

【口コミ実体験】四万温泉 積善館 岩風呂(混浴)

群馬県の四万温泉 積善館にある 岩風呂のようすを気づきや感想をまじえてレポートします。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 積善館の岩風呂 のようすが知りたい

積善館 岩風呂の詳細情報

積善館本館にある岩風呂は1959年に利根川の青石を埋め込んで作られました。

場所は本館の1階にありますが、一度2階に上ってから、岩風呂へと続く階段を下ります。

脱衣所は男女別ですが、浴室は1つです。

混浴の時間帯もある

時間帯によって男性専用と女性専用、混浴が決まっています
1:00~5:00は清掃時間で閉まっています。

  • 女性専用 5:00~9:00
  • 男性専用 21:00~25:00
  • 上記以外の時間は混浴

泉質と特徴

源泉は”元禄の湯”と同じ「四万温泉の明治の湯」で、
泉質はナトリウム・カルシウム、塩化物・硫酸塩温泉で、温度は62.9度、PHは6.74です。お湯の色は無色透明です。

なお、積善館の温泉はすべて源泉かけ流しです。
積善館 歴史ツアーで社長(亭主)も言ってました。
>>【実体験レビュー】四万温泉 積善館 歴史ツアー

積善館 岩風呂のようす

積善館本館の玄関直ぐの階段から2階に上がって、左側にある給湯器の横に岩風呂に続く下り階段があります。

積善館 岩風呂の手前にある給湯器積善館 岩風呂の手前にある給湯器
岩風呂に続く階段岩風呂に続く階段

岩風呂の入り口には暗証番号付きの扉がある

岩風呂の出入り口にある扉岩風呂の出入り口にある扉

女性専用の時間帯はパスワードを入力しないと扉が開かないようになっています。
パスワードはフロントで教えてくれます。

洗面台

積善館 岩風呂の脱衣所の洗面台積善館 岩風呂の脱衣所の洗面台

その扉の先には洗面台が3つ並んでいます。

脱衣所

積善館 岩風呂の男女に別れた脱衣所の入り口積善館 岩風呂の男女に別れた脱衣所の入り口
積善館 岩風呂の脱衣所積善館 岩風呂の脱衣所

↑非常に狭くて大人3人ぐらいで一杯になる広さです。
貴重品ロッカーなどはなにもありません。

出入口

岩風呂の浴室側から見た脱衣所の出入口岩風呂の浴室側から見た脱衣所の出入口
岩風呂の浴室側から見た脱衣所の出入口の段差岩風呂の浴室側から見た脱衣所の出入口の段差

↑湯舟と脱衣所の間には5段の段差があります。

岩風呂 湯舟のようす

積善館 岩風呂の湯舟積善館 岩風呂の湯舟

↑湯舟は手前に段差(ステップ)があり深さも浅めです。

積善館 岩風呂の浴室積善館 岩風呂の浴室

真ん中にはシャワーもあるので頭や身体を洗うことも出来ます。椅子もあります。

スポンサーリンク

シャワー

積善館 岩風呂のシャワー積善館 岩風呂のシャワー

↑シャワーの近くにはシャンプー、リンス、ボディソープが置いてあります。

積善館 岩風呂の浴室内にある鏡と流し積善館 岩風呂の浴室内にある鏡と流し

↑浴室の一番奥には大きな鏡と流し台?手洗い台?のような水道があります。
現在は清掃用のホースが繋がっていますが、当時はどんな使い方をしたのか謎です。

まとめ

積善館の岩風呂は”元禄の湯”と比べると湯温はすこし熱めに感じました。
誰も入ってくる気配がなかったので、
皆ここよりも開放感があって広い”元禄の湯”に行っているのだと思いました。

岩風呂の脱衣所には備え付けのドライヤーはないので、頭を洗う際は気を付けてください。

造られてから60年以上も経っており、
大きな改装を施していない、ほとんど当時の状態のままなのが、
逆に良い味を醸し出している温泉でした。

ここと同じ日帰り入浴ができる”元禄の湯”の記事はこちらです↓
【実体験レビュー】四万温泉 積善館 元禄の湯 5つの特徴