沖縄

【個人でシュノーケリング】座間味島 ユヒナの浜 徹底解説

沖縄県 慶良間諸島 座間味島にあるユヒナの浜でビーチエントリーシュノーケリングしたようすを感想もまじえて解説します。

この記事はこんな人におすすめ!

  1. ユヒナの浜のビーチエントリーシュノーケリングで見れる海中風景が知りたい
  2. シュノーケリングが大好き!

ユヒナの浜の詳細情報

ユヒナの浜は座間味島の中央北側にある海岸です。

座間味島の東側にある阿佐集落からは徒歩でもいけますが、フェリーターミナルのある座間味集落からは離れているので自転車やバイク、車で行くのをおすすめします。

ユヒナの浜

訪れた時に泳いでいる人は誰もいませんでした。

座間味島のユヒナの浜座間味島のユヒナの浜

↑海岸は砂と石などが混じっていて、綺麗な砂浜ではありません。

ユヒナの浜にはシャワーや休憩所はない

ユヒナの浜は管理されている海水浴場ではないので、トイレはもちろんシャワー、自動販売機はありません。

トイレは阿佐集落まで行かないとありません。

ユヒナの浜の詳細情報一覧
項目情報詳細
海岸の種類砂浜
海岸の長さ約40m
漂着ゴミの多さ少ない
アクセス港からバイクで約8分、徒歩で約40分
港からの距離約3km阿佐港からは約800m
駐車場無料
マリングッズレンタル無し
マリンアクティビティ無し
シャワー無し
トイレ無し
ロッカー無し
飲食無し
屋根付き休憩所無し
遊泳区域制限無し
監視員×
クラゲ防止ネット無し
潮流有り
リーフエッジまでの最短距離約100m

ユヒナの浜の場所

座間味島の港(フェリーターミナル)からユヒナの浜までは車やバイクで10分程で到着します。徒歩だと約40分かかります。

阿佐集落からは徒歩5分、車で3分ほどです。

ユヒナの浜の行き方

座間味島 ユヒナの浜に続く道への分岐点座間味島 ユヒナの浜に続く道への分岐点

↑座間味島の東側にある阿佐集落の先の道路を道なりに進むと二股に道が別れます。
ここを左側に進むとユヒナの浜、右側に進むと島の東側に続いています。

ユヒナの浜への道は舗装されていない

座間味島 ユヒナの浜に続く道座間味島 ユヒナの浜に続く道

幹線道路から曲がると直ぐにアスファルトで舗装されていない道に変わります。

石は少ないのでバイクや自転車でも大丈夫です。

座間味島 ユヒナの浜に続く道 浜の近辺座間味島 ユヒナの浜に続く道 浜の近辺

↑軽自動車の道幅しかないので、レンタカーだとすれ違うのは不可能です。
どちらかが後退して道を譲る必要があります。

路肩にスペースがあって、道を譲れる場所は数えるほどしかないので、レンタカーで行く場合は対向車と鉢合わせするとかなり大変かもしれません。ちなみに、訪れた日は車に遭遇しませんでした。

ユヒナの浜の駐車場

ユヒナの浜入口の手前には広いスペースがあるので車やバイクはそこに駐車できます。

座間味島 ユヒナの浜の前にある駐車スペース座間味島 ユヒナの浜の前にある駐車スペース

ユヒナの浜の海中撮影箇所

座間味島のユヒナの浜の海中撮影箇所座間味島のユヒナの浜の海中撮影箇所

↑当記事の写真を撮影した箇所は上図の〇で囲った部分です。
黄色い〇はビーチエントリーした場所です。

海岸からリーフエッジまでの距離は約100メートルあります。
リーフエッジの手前10メートル位まで沖に行かないと、サンゴや魚はあまりいません。

今回訪れた時のサンゴ礁は少々弱っていて地味だったので、他のポイントを探索する場合は上図のピンクの〇よりも南西側をおすすめします

ユヒナの浜の海中のようす

ビーチーエントリーでユヒナの浜をシュノーケリングしたときの海中の様子です。

浅い場所のようす

海岸から沖に80メートル位はあまりサンゴや魚がいないので殺風景です。

座間味島のユヒナの浜の海中 浅い場所のようす座間味島のユヒナの浜の海中 浅い場所のようす

海岸から沖に約80メートル進んだ場所のようす

座間味島のユヒナの浜から沖に約80メートル進んだ海中のようす座間味島のユヒナの浜から沖に約80メートル進んだ海中のようす

↑海岸から80メートルほど泳ぐと海底にサンゴと魚が急に増えてきます。

遠浅なのでリーフエッジまでは、あまり水深に変化はありません。
訪れた時はサンゴまで1.5メートルぐらいでした。※潮位によって変化します。

リーフエッジ直前のようす

スポンサーリンク

ここからは海岸から約100メートル沖にあるリーフエッジ直前のようすです。

座間味島のユヒナの浜のリーフエッジ付近の海中座間味島のユヒナの浜のリーフエッジ付近の海中
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジ付近の海中 その1座間味島のユヒナの浜のリーフエッジ付近の海中 その1
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジ付近の海中 その2座間味島のユヒナの浜のリーフエッジ付近の海中 その2
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジ付近の海中 その3座間味島のユヒナの浜のリーフエッジ付近の海中 その3

↑リーフエッジ付近のサンゴは多いものの、華やかさがありません。
サンゴ礁全体の色が茶色くて弱っている印象を受けました。

リーフエッジのようす

座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その1座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その1
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その2座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その2
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その3座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その3
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その4座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その4
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その5座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その5
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その6座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その6

↑リーフエッジの先の海底はサンゴがあまり発達していません。

座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その7座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その7
座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その8座間味島のユヒナの浜のリーフエッジの海中のようす その8

↑リーフエッジまで行っても、海底が白砂ではないのでケラマブルーはかなり薄いです。
サンゴ礁までは水深3メートル位です。

ユヒナの浜でシュノーケリングするときの注意点

ユヒナの浜からビーチエントリーでシュノーケリングするときの注意点はエントリーした海岸の場所がわからなくなることです。

座間味島のユヒナの浜の海岸を沖の海上から撮影座間味島のユヒナの浜の海岸を沖の海上から撮影

↑上の写真はリーフエッジ付近から撮った実際のユヒナの浜の海岸です。
海岸には同じようなサイズで似たような砂浜が複数個あるので、海上からだと自分がエントリーした場所が判らなくなってしまいます。

実際に間違えて北隣の浜に上陸してしまいました。

道路に戻れる浜は上の写真の右側の2カ所だけです。
それよりも左側の砂浜に間違えて上陸してしまうと、陸路から戻ることは不可能です。
左側(方角でいえば北側)の海岸の陸には木々が密集していて人が通れる隙間がないため、道路に出ることは不可能でした。

なので、元来た浜(道路)に戻るには、海を泳いで戻るしか術がありません。

浜に戻る目印は陸の谷間

道路は陸(山)の斜面の谷間にあります。
なので上の写真の中央よりも右側の山が凹んだ場所を目印にしてください。

2人以上で訪れる場合は浜にいる人が、海から戻ってくる人に声をかけたり手を振ってあげると相手から感謝されます。

  • 海岸からサンゴの群生ポイントまでは100メートル以上泳ぐ必要がある
  • 沖から泳いで砂浜に戻ってくるときに、間違えて違う砂浜に上陸してしまう可能性があるので注意

ユヒナの浜のシュノーケリングはフィンとドライシュノーケルは必須

ビーチエントリーシュノーケルリングには欠かせないフィンとイチオシ装備のドライシュノーケルは別の記事にまとめています。

個人シュノーケリングにおすすめのフィンはこちらの記事です↓
おすすめシュノーケリング用フィンの選び方と製品比較

個人シュノーケリングには必須のドライシュノーケルの記事はこちらです↓
シュノーケリングにおすすめのドライシュノーケル比較

まとめ

ユヒナの浜沖のリーフエッジ付近には立派なサンゴが群生しています。

ただ、他の座間味島のシュノーケリングスポットよりも茶色のサンゴが多かったです。
さらにケラマブルーの青さもイマイチだったので、海中の景観はあまり綺麗ではありませんでした。ポイントによって当たり外れがあるのかもしれません。

訪れた時は波も無く潮流もなかったので、座間味島の他の海岸と比較すると海中の透明度は良くありませんでした。

難点はサンゴと魚の多い場所までは海岸から約80メートル泳く必要があり、時間と体力が少々必要なことです。

ちなみに訪れた時はウミヘビやクマノミ、ウミガメは一匹もいませんでしたが、魚は沢山います。

日帰りで時間が無い場合は、他のシュノーケリングスポットに時間を使うことを推奨します。

  • 海中の景観が茶色くて鮮明さがない
  • 潮流は弱いのでケラマブルーの青さ、海中の透明度は普通
  • リーフエッジのサンゴの綺麗さはワースト2位(ビーチエントリー可能な座間味島のシュノーケリングスポットのなかで)
あわせて読みたい座間味島の記事

慶良間諸島の座間味島、阿嘉島、渡嘉敷島を比較してみた

【個人でシュノーケリング】座間味島 おすすめシュノーケリングスポット まとめ記事

【個人でシュノーケリング】安室島 徹底解説

【個人でシュノーケリング】安慶名敷島 徹底解説

【個人でシュノーケリング】嘉比島 徹底解説

嘉比島の行き方と岩山の登り方

【個人でシュノーケリング】座間味島 阿真ビーチ東の海岸 徹底解説

【個人でシュノーケリング】座間味島 阿真ビーチ 徹底解説

【個人でシュノーケリング】座間味島 古座間味ビーチ 徹底解説

【個人でシュノーケリング】座間味島 イノーの浜 徹底解説

【個人でシュノーケリング】座間味島 唐馬の浜 徹底解説

【個人でシュノーケリング】座間味島 チシ展望台の下海岸 徹底解説

座間味島 チシ展望台

座間味島 神の浜展望台

座間味島 女瀬の崎展望台

座間味島 ニタ展望台

座間味島 稲崎展望台

座間味島 高月山展望台

座間味島 慶良間諸島国立公園ビジターセンター「青のゆくる館」

座間味島 リトル キッチン (Little kitchen) 口コミ評判レビュー

座間味バーガーアンドピザ (Zamami Burger and Pizza) 口コミ評判レビュー

座間味インターナショナルゲストハウス 口コミ評判レビュー

座間味島 コンドミニアムかにく 口コミ評判レビュー

座間味島のガソリンスタンドのようす

座間味島 レンタルバイク

阿嘉島から座間味島への行き方

フェリーざまみ 乗船レポート

座間味島と阿嘉島への行き方