ラーメン

一蘭 ラーメン 口コミ評判レビュー

一蘭 ラーメン実食レポ アイキャッチ

一蘭のラーメンを実際に食べたときのようすを気づきや感想もまじえて詳細にレポートします。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 一蘭のラーメンのようすが知りたい
  • 一蘭のメニューを詳しく知りたい

一蘭の詳細情報

一蘭は1960年に福岡県で創業し1993年に設立されたラーメン屋で、全国と海外に約87店舗展開しています。
北は北海道から南は沖縄県にも店舗があり、ラーメンチェーン店では大きな規模を誇っています。

スープはとんこつの1種類

スープはとんこつの1種類だけです。
スープの味の濃さは薄味、基本、濃い味の3種類から選択できます。

どの店舗で食べても味は同じ

どの店舗で食べても味が同じになるようにセントラルキッチンで製造、調理された麺やスープ、チャーシューなどの食材を利用しています。

一蘭 店舗のようす

2022年2月に一蘭 柏店を利用したときのようすです。

一蘭 お店の外観

一蘭 柏店の店舗外観一蘭 柏店の店舗外観

お店の入り口

一蘭 柏店の店舗入り口一蘭 柏店の店舗入り口

一蘭 お店の内観

一蘭 柏店の店舗内観一蘭 柏店の店舗内観

↑カウンター席のレーンが4つあります。

座席のようす

一蘭 柏店 店内の座席のようす その1一蘭 柏店 店内の座席のようす その1
一蘭 柏店 店内の座席のようす その2一蘭 柏店 店内の座席のようす その2

座席は全てカウンター席で”味集中カウンター”と呼ばれています。

味集中カウンター

一蘭 柏店 味集中カウンター一蘭 柏店 味集中カウンター

一蘭が世界初とうたっている”味集中カウンター”は目の前と左右が仕切られています。
一席毎に半個室のようにすることで、ラーメンの美味しさに集中することで、より味わうことができます。

間仕切りの板は折りたたむことができるので家族や2人以上で利用した場合でも普通のカウンター席のように利用することも可能です

卓上調味料はない

卓上に調味料類は一切置いてありません。
置いてあるのは箸とウェットティッシュだけです。

食券機

一蘭 柏店の食券機一蘭 柏店の食券機

入り口から入って直ぐの場所に食券機が2台設置されています。

一蘭ラーメンの注文から着丼までの流れ

一蘭 柏店の空席案内版

一蘭 柏店の空席案内版食券機で食券を購入してから席に案内してくれます。
もしくは”空席案内版”を見て空いている席に座り、好みのラーメンのオーダ用紙に記入して食券と一緒に店員さんに渡す流れになります。

店員さんの案内がない場合は下記の流れでラーメンを注文します。

  1. 食券を購入し”空席案内版”で空席を確認して席に座る
  2. オーダー用紙に好みの味や麺の硬さ等を記載する
  3. 呼び出しボタンを押して食券とオーダー用紙を店員さんに渡す
  4. ラーメン着丼

一蘭は他のラーメン店と比べると注文までの流れや仕組みがわかりにくいです

一蘭 メニュー

ここからは一蘭のメニューです。

一蘭のメニュー一蘭のメニュー

一蘭のラーメンは1種類しかありません。

一蘭のメニュー
メニュー税込金額
ラーメン890円
ラーメン+替玉1100円
替玉210円
半替玉150円
ごはん210円
小ごはん150円
半熟塩ゆでたまご130円
追加チャーシュー(4枚)250円
追加ねぎ(4倍量)120円
煮こみ焼豚皿490円
のり(2枚)120円
きくらげ120円
抹茶杏仁豆腐390円

オーダー用紙の書き方とオススメ

ラーメンの味付けや具材を好みにするためにオーダー用紙を記入します。

選択できるのは下記の7項目です。

  1. 味の濃さ
  2. こってり度
  3. にんにく
  4. ねぎ
  5. チャーシュー
  6. 赤い秘伝のたれ
  7. 麺のかたさ

それぞれの項目は下記のとおりです。一蘭(運営側)のオススメは太字にしました。

①味の濃さ

味の濃さは3つから選択できます。

  • うす味
  • 基本
  • こい味

②こってり度

こってり度は脂の量です下記の5つから選択できます。

  • なし
  • あっさり
  • 基本
  • こってり
  • 超こってり

③にんにく

にんにくの量は下記の5つから選択できます。

  • なし
  • 少々
  • 基本
  • 1/2片分
  • 1片分

1片分以上は120円の追加料金が必要です。

④ねぎ

ねぎの種類は下記の3つから選択できます。

  • なし
  • 白ねぎ
  • 青ねぎ

白ねぎと青ねぎの両方に〇を付けると半分ずつのミックスになります。

⑤チャーシュー

チャーシューは”なし”と”あり”の2つから選択します。

”なし”にしても料金の変更はありません。

⑥赤い秘伝のたれ

赤い秘伝のたれの量は下記の5つから選択できます。

  • なし
  • 1/2倍
  • 基本
  • 2倍
  • 3~10倍 (数値を記入)

11倍以上は120円の追加料金が必要です。

⑦麺のかたさ

麺のかたさは下記の5つから選択できます。

  • 超かため
  • かため
  • 基本
  • やわめ
  • 超やわ

オーダ用紙

一蘭のオーダ用紙一蘭のオーダ用紙

今回は下記のようにオーダーしました

  • 味の濃さ:こい味
  • こってり度:超こってり
  • にんにく:基本
  • ねぎ:青ねぎ
  • チャーシュー:あり
  • 赤い秘伝のたれ:2倍
  • 麺のかたさ:かため

実食

ラーメン+替玉(税込1100円)を注文しました。

替玉用のトレイ

一蘭の替玉用のトレイを店員さんが置いてくれる一蘭の替玉用のトレイを店員さんが置いてくれる

替玉付きを注文した場合は最初に替玉用のトレイを店員さんが置いてくれます。
この金属製の替玉用トレイを呼び出しボタンの上に置くだけで自動的に店員さんに伝わる仕組みになっています。

スポンサーリンク

麺のかたさ毎に替玉用トレイの内側の色が違います。かためはオレンジ色です。

この替玉用トレイは予め食券で購入している場合にのみ置いてくれます。

これとは別に現金で後から替玉を購入することも可能です。その場合はこの替玉用トレイのやり取りは発生しません。

替玉の頼み方の詳細は後述します。

着丼

ラーメンは注文から3分ほどで着丼しました。

一蘭 目の前の暖簾が開いてラーメンが着丼一蘭 目の前の暖簾が開いてラーメンが着丼
一蘭 ラーメンが着丼したら再び目の前の暖簾が降ろされる一蘭 ラーメンが着丼したら再び目の前の暖簾が降ろされる

ラーメン

一蘭のラーメン一蘭のラーメン

具材

ラーメンの具材は下記の3種類です。

  • 青ネギ
  • 秘伝のたれ (赤唐辛子)
  • チャーシュー2切れ

秘伝のたれ自体には味はほとんどありません。辛さも普通の唐辛子と同じです。

チャーシュの厚さは薄く、少々生臭さがありました。

超こってり

一蘭のラーメンを超こってりにしたので油膜ができている一蘭のラーメンを超こってりにしたので油膜ができている

今回は超こってりにしたので量が多かったので脂(油)が冷えて膜を貼っていました。

超こってりは油臭さは感じずスープの味が濃厚になるので超おすすめです

麺はかためがおすすめ

麺はかためがおすすめです。
麺のかたさが普通だと柔らかくて伸びた麺のように感じます。

スープはこい味がおすすめ

スープは”こい味”が一番美味しいです。とくに一蘭は最初の麺量が少なすぎて、女性でも少なく感じます。おそらく半玉分ほどしか入っていないと思われます。
そのため替玉は必須なのでスープの味は”こい味”がおすすめです。
替玉をしてスープの味が薄くなっても最後まで美味しく食べることができるからです。

スープは旨味たっぷりで味がしっかりと細麺に絡んで美味しく食べることができます。
麺はかためのほうが食感もスープとの相性もよいです。

替玉の頼み方

ここからは替玉の頼み方です。

一蘭での替玉の頼み方は下記の2通りあります

  1. 食券で替玉を購入:替玉用トレイを利用
  2. 現金で購入:用紙に記入

①食券で替玉を購入:替玉用トレイを利用

一蘭の呼び出しボタン一蘭の呼び出しボタン
一蘭の呼び出しボタンの上に替玉用トレイを置くと店員さんが替玉を持ってきてくれる一蘭の呼び出しボタンの上に替玉用トレイを置くと店員さんが替玉を持ってきてくれる
一蘭の呼び出しボタンの上に替玉用トレイを置いて届いた替玉一蘭の呼び出しボタンの上に替玉用トレイを置いて届いた替玉

最初に食券で替玉を購入していた場合は金属製の替玉用トレイを置いてくれます。
このトレイを替玉が必要なタイミングで卓上の呼び出しボタンの上に置くと自動的に店員さんに伝わって替玉が届く仕組みになっています。

替玉用トレイを呼び出しボタンの上に置いた際にチャルメラのメロディー(曲)が店内に流れるのできちんと反応しているか否かがわかります。

②現金で購入:用紙に記入

一蘭の味集中カウンターの間仕切り板に設置されている追加注文用紙一蘭の味集中カウンターの間仕切り板に設置されている追加注文用紙
一蘭の追加注文用紙に替玉の硬さを記入して現金210円を用意して呼び出しボタンを押して店員さんに替玉を依頼する一蘭の追加注文用紙に替玉の硬さを記入して呼び出しボタンを押し、現金210円を店員さんに支払い、替玉を依頼する
一蘭の替玉が到着一蘭の替玉が到着

間仕切り板に設置されている追加注文用紙に替玉の項目にチェックマークを付けて、好みの麺のかたさに〇を付け、卓上の呼び出しボタンを押します。
店員さんが暖簾を開けて現れるので現金210円と一緒に注文用紙を渡します。

約2分ほどで替玉が到着します。

実際に替玉したときのようす

一蘭 1玉目の替玉をする前のラーメン丼のようす一蘭 1玉目の替玉をする前のラーメン丼のようす

↑替玉をする場合はなるべくスープは多く残しておいたほうが良いです。
これぐらい残っていれば十分。

一蘭 1玉目の替玉を投入したラーメン丼のようす一蘭 1玉目の替玉を投入したラーメン丼のようす
一蘭 2玉目の替玉をする前のラーメン丼のようす一蘭 2玉目の替玉をする前のラーメン丼のようす

↑けっっこう減っていますが、これぐらいあれば替玉しても大丈夫です。
これ以上スープが少ないと美味しく替玉を食べることができません。

一蘭 2玉目の替玉を投入したラーメン丼のようす一蘭 2玉目の替玉を投入したラーメン丼のようす

↑このようにスープが少ない状態になりました。
2玉目になるとスープに小麦粉(麺の粉)が混じってスープの味が粉っぽくなります。

替玉はラーメン一杯で2玉が限界です

替玉は”かため”がおすすめ

一蘭の替玉:麺のかたさ"かため"一蘭の替玉:麺のかたさ”かため”
一蘭の替玉:麺のかたさ"基本"一蘭の替玉:麺のかたさ”基本”

↑替玉にはラーメンのたれが掛かっています。
替玉は2玉目を頼むときにラーメンのスープが冷めていても麺のかたさは”たかめ”がおすすめです。
麺のかたさ”基本”は”かため”を食べた後だと、どうしても伸びた麺のように感じてしまうからです。

まとめ

一蘭はとんこつラーメンというジャンルの中では日本では最も有名で人気があるので、いつ行ってもほぼ満席です。

スープの味は良いのは確かですが、価格が高いのが難点です。
それに加えてラーメンの麺量が少ないです。

なので満腹になるためには替玉を注文することになるのですが、その替玉も210円と割高なので店舗にもよりますが総額1000円を軽く超えてしまいます。

今回は替玉1玉付きラーメン1100円+替玉1玉210円の総額1310円のラーメンタイムでした。
店舗によって価格は異なります。
都内などの都会ではもうすこし価格設定が高めです。

日本のラーメンチェーン店の中で最もとんこつラーメンが美味しいのも一蘭ですが、価格設定が最も高いのも一蘭です。

  • 自分好みにスープの濃さを調整できる
  • オーダーから提供までのスピードが早い
  • 味の濃さ”こい味”、こってり度”超こってり”、麺のかたさ”かため”がおすすめ!

一蘭 柏店の詳細情報

今回利用した一蘭 柏店は郊外型店舗です。
駐車場は20台分、座席数は32席です。

お子様ラーメン無料

一蘭の全店舗では小学6年生までのお子様に”お子様ラーメン”を無料で提供しています。

ラーメンを注文した大人1名につき、最大お子様5名まで無料で提供するサービスです。
利用にはスマホアプリから引換券の提示が必要です。

一蘭 柏店の営業時間

一蘭 柏店 店舗情報
開店時間10:00
閉店時間21:00
定休日年中無休
電話番号047-145-0188
駐車場有 20台

一蘭 柏店の場所

一蘭 柏店は千葉県柏市の6号線沿いにあります。
JR常磐線の柏駅または南柏駅から徒歩15分程です。