レビュー

スシロー 100円大トロの実食口コミ評判レビュー

スシロー 100円大トロ実食口コミ評判レビュー アイキャッチ

スシローのネット注文でテイクアウトした1貫100円(税別)の大トロの実食レビューです。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 1貫100円(税別)の大トロの味が知りたい

スシローのすしおさめキャンペーンで大トロ1貫100円

2021年の12/15(水)~12/29(水)の間に開催された「すしおさめ 」キャンペーン2021年の12/15(水)~12/29(水)の間に開催された「すしおさめ 」キャンペーン

今回は2021年の12/15(水)~12/29(水)の間に開催された すしおさめ キャンペーンで大トロが1貫100円(税込110円)でした。

上記のキャンペーンの写真には「大とろ」とだけ書いてあります。
本鮪やマグロという記載はありません

スシロー実店舗で注文した商品を受け取るときのようす

スシロー実店舗の持ち帰り寿司受け取りカウンタースシロー実店舗の持ち帰り寿司受け取りカウンター

今回はWebで注文と支払いをして、店内で食べないでテイクアウトしました。

下記はスシローのWebサイトから注文した商品を実店舗で受け取りに行くときの流れです。

  1. 実店舗のカウンターで名前を告げて商品を受け取る
  2. レシートを受け取る
  3. お箸や醤油、ワサビを受け取る

今回はスシローの公式Webサイト(アプリ)から支払いを済ませている(先払い)ので店舗での支払いはありませんでした。電話やFAXで持ち帰り寿司を注文した際は店舗で支払いが発生します。

実店舗のカウンターで商品を受け取る

スシロー店内のカウンターで注文した寿司を受け取るスシロー店内のカウンターで注文した寿司を受け取る

受け取り店舗のカウンターで名前を告げて商品を受け取ります。その際、電話番号の下4桁を聴かれるので回答します。

名前と電話番号の下4桁が他の人と被る可能性は低いので大丈夫だと思いますが、心配なら注文確定後に表示される数字3桁の注文番号を伝えると確実です。

レシートを受け取る

スシロー店内のカウンターにある持ち帰り専用レジスシロー店内のカウンターにある持ち帰り専用レジ

商品を受け取ったらカウンター横にある端末からレシートが出てくるので受け取ります。

お箸や醤油、ワサビを受け取る

スシロー店内に置かれているテイクアウト用のお箸、醤油、ワサビ、生姜スシロー店内に置かれているテイクアウト用のお箸、醤油、ワサビ、生姜

商品受け取りカウンターの前に置かれたテイクアウト用の個別包装されたお箸、醤油、わさび、生姜を必要な量だけ取ります。

スシローの甘だれ

スシローの店舗で販売している持ち帰り専用の甘だれスシローの店舗で販売している持ち帰り専用の甘だれ

スシローにはテイクアウト用に個別包装されている甘だれはありません。
なので別途、持ち帰り専用の甘だれ230ml(税込320円)を購入しました。

スシローの甘だれはAmazonでも購入することができますが、実店舗で販売しているものとパッケージが違うし容量が少ないです。

テイクアウトしたお寿司の実食

2021年の12/15(水)~12/29(水)のキャンペーンで大とろが1貫100円(税込110円)だったので6セットの合計36貫をスシローアプリで持ち帰り注文(テイクアウト)してみました。

他にも寒ブリ8貫、天然生えび1貫、炙り赤えび1貫、、ジャンボとろサーモン1貫、おろし焼とろサーモン2貫、焼き鯖2貫、えびアボカド4貫、ほたて貝柱2貫、漬けごま真鯛2貫、炙りサーモンバジルチーズ2貫、小粒納豆2貫などを注文しました。

大とろ6貫セット×6パックを注文

大トロ6貫で1セット(税込660円)の写真大トロ6貫で1セット(税込660円)の写真

大トロ6貫で1セット(税込660円)になっているのを6セット(パック)注文したのですが個別パックになっていませんでした。大きな持ち帰り用の容器に36貫盛られていました。

スシローでテイクアウトした大トロ36貫スシローでテイクアウトした大トロ36貫

↑こちらが実際に受け取った大とろ36貫です。

小さい容器に入れてもらうには、スシローの公式Webサイトで注文するときに【縦長トレイ】を選択しないといけないようで、この盛り付け方が通常のようです。

大トロの品質と見た目にムラがある

スシローの大トロの見た目が美味しそうな部分スシローの大トロの見た目が美味しそうな部分
スシローの大トロの見た目があまり美味しそうじゃない部分スシローの大トロの見た目があまり美味しそうじゃない部分

↑上記写真のように品質にバラツキやムラがあり、見た目が美味しそうなネタと見た目が悪いネタが混在しています。若干変色もしていますが味はどちらもほとんど変わりません。

大トロに血栓ができている

スシローの大トロに出来た血栓スシローの大トロに出来た血栓

上記写真からも一目瞭然ですが、血栓ができているものが3分の1ほどありました。血栓は血抜きがうまくできていない魚に見られる現象です。

大とろの感想

スシローの大トロスシローの大トロ

大トロなので脂が載っていて非常に柔らかく美味しいですが、マグロの風味を感じません。マグロを食べている感じもマグロの味も薄いというのが感想です。

なぜなら、この大トロは味の濃い本マグロやミナミマグロではないからです。
キャンペーンの案内にも「マグロ」等の表記は一切ないことに要注目です。
とはいえ、さすがにマグロです。おそらく、キハダかビンチョウマグロではないでしょうか。

マグロの種類によって美味しさが違います
下記のようにマグロは5種類に別れます。上になるほど味が濃厚で高価です。

  1. 本マグロ (クロマグロ)
  2. ミナミマグロ (インドマグロ)
  3. メバチマグロ
  4. キハダマグロ
  5. ビンチョウマグロ

本マグロが一番高級で美味しいです。
ビンチョウマグロが最も安価で味も色も薄いです。

大トロ以外では寒ブリが旨い

スシローでテイクアウトした他の寿司ネタスシローでテイクアウトした他の寿司ネタ
スシローでテイクアウトした他の寿司ネタの中では寒ブリ(写真下側)が美味しいスシローでテイクアウトした他の寿司ネタの中では寒ブリ(写真下側)が美味しい

↑寒ブリは大トロと遜色ない美味しさでした。
大トロの半額の値段なので寒ブリのほうがコスパは良いです。

まとめ

スシローでは大トロ1貫100円のキャンペーンはあまり実施していないので今回、大量に購入しましたが、そこまで感動するほどの美味しさではないというのが正直な感想です。

寒ブリが予想以上に美味しかったので余計にそう感じたのもあります。
予想に反して大トロはイマイチで残念だったということです。

今回食べたスシローの大トロよりも、スーパーなどで刺身として市販されている大トロのほうが美味しいです。
当記事の写真では分かりにくいかもしれませんが大トロの色が白っぽかったのも気になりました。

総じて100円大トロには味のコクがなくて旨味が少なく(弱く)感じました。寒ブリのほうが魚の旨味(甘味)を強く感じました。

もし、次回注文するときは寒ブリをメインに注文しようと思っています。

スシローのアプリやWebサイトから持ち帰り注文する詳細は手順はこちらの記事に書きました↓
スシロー 持ち帰りネット注文(テイクアウト)する方法と詳細手順