和食・寿司

グランブッフェ の「いくら寿司食べ放題」を徹底解説

グランブッフェ の「いくら寿司食べ放題」アイキャッチ

千葉県印西市にある グランブッフェ 千葉ニュータウン店にディナーで「いくら寿司食べ放題」に挑戦したときのようすを気づきや感想もまじえてレポートする。

時間制限30分の短時間でいくら寿司を60貫食べたようすを書いている。

この記事はこんな人におすすめ!

  • グランブッフェのようすが知りたい
  • 「いくら寿司食べ放題」のようすが知りたい
  • イクラが大好き

グランブッフェ いくら寿司食べ放題の詳細

今回は2020年7月9日(木)~7月31日(金)まで開催されている「いくら寿司食べ放題」を目当てに利用した。ちなみに自分は北海道のホテル朝食ブッフェでイクラ丼を何杯もお替りするほどの大のイクラ好きだ。

イクラ寿司食べ放題は総額2198円

いくら寿司食べ放題の料金はランチでもディナーでもまったく同じだ。

  • ランチタイム:いくら寿司食べ放題料金総額
    ランチブッフェ料金(1539円)+ドリンクバーセット(329円)+いくら寿司食べ放題料金(329円)=総額2198円
  • ディナータイム:いくら寿司食べ放題料金総額
    ディナーブッフェ料金(1869円)+いくら寿司食べ放題料金(329円)=総額2198円

上記はグランブッフェ 千葉ニュータウン店の料金になる。

他の店舗でも同様の金額ではないし、そもそも「いくら寿司食べ放題」を実施していない店舗やランチタイムでは提供していない店舗もあるので注意してほしい。

ちなみに千葉ニュータウン店はディナーブッフェの税込1869円料金の中にイクラ寿司以外の寿司食べ放題料金も含まれている。

「いくら寿司食べ放題」は別途その料金にプラス税込329円で参戦できる。
税込合計2198円だ。

食べ放題の制限時間はない

グランブッフェは食べ放題の時間制限は無い

つまり、ランチタイム場合、いくら寿司食べ放題は11:00~17:00までの最長6時間利用できることになる。

ディナータイムの場合は17:00~21:00までの最長4時間利用できる。

なので、ランチタイムに行った方が思う存分いくら寿司を堪能できる。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の店舗情報

“グランブッフェ”は「すかいらーく」グループの”NILAX(ニラックス)”という会社が運営しており、全国で様々なブッフェを手掛けている。
例えば、”八菜 Deux Branches”も同じ会社が運営している。

営業時間

グランブッフェ 千葉ニュータウン店 店舗情報
開店時間11:00
閉店時間21:00
定休日不定休(イオンモールに準ずる)
電話番号0476-40-6630
駐車場あり

場所

北総線の千葉ニュータウン中央駅から徒歩約10分の場所にある。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の店舗情報

2020年7月15日(水)にグランブッフェ 千葉ニュータウン店 を利用した。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の外観

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の外観 店舗前グランブッフェ 千葉ニュータウン店の外観 店舗前
グランブッフェ 千葉ニュータウン店 店頭の食べ放題案内版グランブッフェ 千葉ニュータウン店 店頭の食べ放題案内版

接客は塩対応

時刻は19時50分。店の外で当記事に使う写真を撮っていたら黒縁メガネの従業員から撮影禁止だと言われた。

そうなんですか?と尋ねたら、店員さんはイオンモール内が撮影禁止だと言う。

本当なのだろうか?家族連れもショッピングモール内では我が子の写真を撮ってはいけないことになるが・・?

まるで昔のお役所のような塩対応だ。従業員への不信感を感じた。

ブッフェを利用したいと伝えたところ、マスクと手袋を着用に協力できるかの確認をされたので二つ返事で承諾した。

こういった事務的な対応はこの店に限らず、すかいらーく系のブッフェはどこも似たような感じなので驚きはなかった。

すかいらーく系のブッフェにホスピタリティを期待するのは厳禁だ。

なぜなら格安ブッフェに接客サービスを求めて来る人などほとんどいないだろうし、お客さんも色んな人が来る。

毅然とした態度の接客になるのは必然なので、塩対応はある程度は理解できるからだ。

ただ、本当にサービス業が好きな人がここで働くのはいたたまれないだろう。

時短営業中で残り時間30分!

さらに21時閉店なので、20時半に出ている料理をすべて下げると言ってきた。。

これは店に入ってから事の重大さに気づいた。
料理が下がるまでたったの30分しかない!

つまり普段より1時間の時短営業になっていたのだ。てっきり閉店時間は22時だとばかり思っていた。

後で確認したら店頭の看板にもオーダーストップ20:30分と記載されていた。

お店のホームーページにもよく見ると書いている。

時短営業になっていることを知っていたら来ていなかった。。

「いくら寿司食べ放題」に挑むのに30分と1時間半の差は大きい!

制限時間30分で食べ放題となると早食いになってしまう。

この点については店頭での会話の中で残り”30分”しか時間がないことを伝えるとより丁寧な対応だと感じただろう。

普通は写真撮影禁止のことよりも先に30分しか時間がないことを伝えると思うのだが。。

料理を下げるまでわずか30分しかないこと説明するのが良心的な対応だと思う。

細かいようだがこういったところも”心無い”。

これでは、人を仲介することに意味が無くなり、いずれ機械やロボットに置き換わり無人化するだろう。そうなったほうがよっぽどマシかもしれない。

人件費より機械の値段が安くなった時に人から機械への置き換わりは早そうだ。
そもそも客を監視する仕事なんて誰もしようとは思わないだろうが。

同じビニール手袋を使いまわすほうが不衛生

グランブッフェ 千葉ニュータウン店 店頭の消毒液とマスクグランブッフェ 千葉ニュータウン店 店頭の消毒液とマスク

↑ 料理をとる際にはビニール手袋を着用するようにと説明があり、ビニール手袋を手渡たされた。これが良いか悪いかは別にして、潔癖症と思えるほどの対応ぶりだ。

だが、その割に料理台の上の目立たない場所にある一か所だけにしか替え用のビニール手袋は置かれていなかった。

結果、同じビニール手袋1枚を使いまわしすることになったので、余計に不衛生かつ不便だった。

従業員に終始監視されていた

閉店間近でお客さんが4組ほどしかいなかったこともあり、店員さんに終始見張られている気がした。

そのうえ、ホールの店員さんはインカム(ワイヤレスマイク)を付けているのでなおさらそう感じる。まるで刑務所の中にいるようだった。

というのも、実際「いくら寿司食べ放題」に挑んでいる最中にマスクを付け忘れてしまい、店員さんに注意されたからだ。

飲食店の中でマスク着用は大変不便だ。

しかも今回は料理が下げられるまで30分しかないのだから余計にうっとおしく感じたのはいうまでもない。

しかし、いくらなんでもここまでの一連の従業員側の対応はホスピタリティ意識が欠如し過ぎているのではないだろうか?もはやそんな意識は存在しないのだろう。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の内観

店内は非常に広く客席も多い。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の出入口のブッフェ台グランブッフェ 千葉ニュータウン店の出入口のブッフェ台
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のテーブル席のようすグランブッフェ 千葉ニュータウン店のテーブル席のようす

↑ 店内はガラガラ。
席はお店の一番手前のレジ横の席に案内された。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の会計は後払

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のレジグランブッフェ 千葉ニュータウン店のレジ

↑ 料金は後払。清算にsuicaなどの電子決済が使えて便利だ。

グランブッフェ いくら寿司食べ放題の実食

料金は後払なので席に着いて直ぐに食べ放題開始になった。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の食べ放題のピザメニューグランブッフェ 千葉ニュータウン店の食べ放題のピザメニュー

↑ テーブルの上にはピザのメニューが置いてある。
テイクアウトも1枚500円で出来るようだ。

食べ放題のピザはイマイチ

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の食べ放題のマルゲリータグランブッフェ 千葉ニュータウン店の食べ放題のマルゲリータ

↑ 食べ放題開始と同時にピザをおススメされたので、マルゲリータを2ピースお願いした。

普段ピザはオーダー制ではなくビッフェ形式らしい。

食べたのが30分後の冷めた状態だったので、美味しくは感じなかった。

生地が分厚過ぎてクッキーのような食感。
市販の冷凍ピザのほうが生地が薄くてよっぽどマシかもしれない。

ピザはおすすめしないでほしかった。。

ローストビーフもイマイチ

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の食べ放題のローストビーフグランブッフェ 千葉ニュータウン店の食べ放題のローストビーフ

↑従業員が持ってきてくれたローストビーフ。

イクラ寿司に挑んだ後のお腹が一杯の時に食べたので美味しく食べれなかった、焼肉のような味付けだった。

ちなみに訪れた時刻では、ホールは従業員2人で回していた。
主に店内の料理担当(サラダバーや寿司バー)と、レジと後片付け担当の二人だ。

寿司食べ放題バーカウンター

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の寿司食べ放題コーナーグランブッフェ 千葉ニュータウン店の寿司食べ放題コーナー

↑ 寿司バーの様子。

なぜかネタボックスが霧ガラスになっていて寿司ネタの様子が見えないようになっている。よっぽどネタの鮮度に自信が無いのかと思ってしまう。

寿司バー担当の年配従業員は「何貫でも注文してくださいね」と親切に言ってくれた。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の「いくら寿司食べ放題」用のプレミアムチケットグランブッフェ 千葉ニュータウン店の「いくら寿司食べ放題」用のプレミアムチケット

↑ 今回の「いくら寿司食べ放題」専用のチケット。
このチケットがなくても普通のお寿司は食べ放題だ。

これを毎回寿司バーの従業員に見せないといけないようだが、寿司バーを利用しているのは2人だけだったので、さすがに顔パスということで毎回チケットの確認はされなかった。

※やはりホスピタリティ意識が低いのは前述したメガネの店員(受付とホール担当の店長orリーダー)さんだけのようだ。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の寿司オーダーバイキングのマグロとサーモングランブッフェ 千葉ニュータウン店の寿司オーダーバイキングのマグロとサーモン

↑ マグロとサーモンはイマイチ。

いくら寿司食べ放題 開戦

時間が残り30分しかないので大急ぎでイクラ寿司を怒涛の如き短時間で大量に注文するとこになった。

グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文1回目グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文1回目

↑ 先ず1戦目はイクラ寿司4貫
時刻は19時57分

グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文2回目グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文2回目

↑ 続いて2戦目。イクラ寿司8貫
時刻は20時03分

グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文3回目グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文3回目

↑ 3戦目。イクラ寿司8貫
時刻は20時09分

グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文4回目グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文4回目

↑ 4戦目。イクラ寿司12貫。
作る店員さんの負担軽減のため、これ以降は海苔なしでオーダーした。
本当は時間がないのでイクラだけ注文したかったが、流石にシャリなしは無理だろう(笑)

時刻は20時16分

グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文5回目グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文5回目

↑ 5戦目。イクラ寿司14貫
時刻は20時21分

グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文6回目グランブッフェの「いくら寿司食べ放題」注文6回目

↑ 6戦目。イクラ寿司14貫とマグロ2巻
時刻は20時31分

いくら寿司食べ放題は60貫で終戦

55貫目ぐらいで急にお腹が一杯になってきて、ペースがスローダウンした。

たいして美味しくもないマグロ2貫とサーモン1貫を食べなければよかったと後悔。

時間もちょうどラストオーダーの20時30分だったのでここで終戦。

戦果はイクラ寿司60貫。

大手回転寿司のイクラは、どちらかといえばスジコに近いが、
この「いくら寿司食べ放題」のイクラは本物で、非常に美味しい。

お腹が一杯でも美味しく食べれるほどイクラの品質は良かった。

イクラが本物かどうか直ぐに見分ける方法:

お湯にイクラの粒を浸ける→本物は白くなるが、偽物(人口イクラ)は色が変わらない。

グランブッフェ 食べ放題の全メニューを紹介

閉店まで30分あるので、他の料理も少し食べることにした。

20時半のラストオーダー時間を過ぎているので、いつ料理を下げられても文句は言えないので急いで周ることに。

利用した日のグランブッフェ食べ放題のすべてのメニューを書いている。

サラダバー

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のサラダバーのメニュー表グランブッフェ 千葉ニュータウン店のサラダバーのメニュー表

サラダバーの

サラダのメニューは次の10種類

  • ブロッコリー
  • むき枝豆
  • オクラ
  • ケール
  • プチトマト
  • スイートコーン
  • わかめ
  • 彩り野菜
  • キャベツミックス
  • チョップドサラダ
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のサラダバーのドレッシンググランブッフェ 千葉ニュータウン店のサラダバーのドレッシング

ドレッシングは次の4種類

  • シーザー
  • 和風
  • ベジタブル
  • 青じそ
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のサラダバーと惣菜グランブッフェ 千葉ニュータウン店のサラダバーと惣菜

↑ 左上は下記の惣菜が並んでいる。

  • 茄子のカポナータ
  • グリーンポテトサラダ

惣菜メニュー

グランブッフェ 千葉ニュータウン店の惣菜コーナー その1グランブッフェ 千葉ニュータウン店の惣菜コーナー その1

↑ 惣菜コーナーには次の3つが並んでいる

  • 茄子のおひたし
  • おくら
  • ひじき
グランブッフェ 千葉ニュータウン店の惣菜コーナー その2グランブッフェ 千葉ニュータウン店の惣菜コーナー その2
  • フライドポテト
  • 唐揚げ
  • ミートドリア
グランブッフェ 千葉ニュータウン店の惣菜コーナー その3グランブッフェ 千葉ニュータウン店の惣菜コーナー その3
  • 春巻き
  • コロッケ
  • ケイジャンシーフードナージュ仕立て
  • フレンチトースト
グランブッフェ 千葉ニュータウン店の惣菜コーナー その4グランブッフェ 千葉ニュータウン店の惣菜コーナー その4
  • 焼き包子
  • えびせん

麺類とパスタ

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のパスタソース ベーコンのクリームソース・キノコの香りグランブッフェ 千葉ニュータウン店のパスタソース ベーコンのクリームソース・キノコの香り

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のパスタソース ミートソースグランブッフェ 千葉ニュータウン店のパスタソース ミートソース

  • パスタソース:ベーコンのクリームソース・キノコの香り
  • パスタソース:ミートソース
グランブッフェ 千葉ニュータウン店の豆腐、うどん、うどんつゆグランブッフェ 千葉ニュータウン店の豆腐、うどん、うどんつゆ
グランブッフェ 千葉ニュータウン店の出汁グランブッフェ 千葉ニュータウン店の出汁
  • 豆腐うどん
  • うどんつゆ
  • 出汁
グランブッフェ 千葉ニュータウン店の五目野菜あんかけ焼きそば、チゲスープ、シュウマイグランブッフェ 千葉ニュータウン店の五目野菜あんかけ焼きそば、チゲスープ、シュウマイ
  • 五目野菜あんかけ焼きそば
  • チゲスープ
  • シュウマイ

ラーメンコーナー

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のラーメンコーナグランブッフェ 千葉ニュータウン店のラーメンコーナ

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のラーメンコーナの醤油スープグランブッフェ 千葉ニュータウン店のラーメンコーナの醤油スープ

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のラーメンコーナのハワイアンレモンスープ"サイミン"グランブッフェ 千葉ニュータウン店のラーメンコーナのハワイアンレモンスープ”サイミン”
  • ラーメンの麺
  • ネギ
  • コーン
  • ワカメ
  • 醤油スープ
  • ハワイアンレモンスープ”サイミン”
グランブッフェ 千葉ニュータウン店で作った醤油ラーメングランブッフェ 千葉ニュータウン店で作った醤油ラーメン

↑ 醤油ラーメン。スープが塩辛過ぎて飲めなかった。濃縮還元かと思った。

ピザメニュー

↑ ピザ3種類。この日は厨房の店員さんに直接オーダする必要があった。

  • マヨコーンピザ
  • ベーコンときのこデュクセルピザ
  • マルゲリータ

ハワイアンフェアーメニュー

ハワイアンフェアーが開催されていた。

ハワイアンフェアーのコーナーもあるが、それ以外の随所にフェアーメニューが置かれていた。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のハワイアンフェアーのコーナー その1グランブッフェ 千葉ニュータウン店のハワイアンフェアーのコーナー その1
  • コンミートノマッシュグラタン
  • 枝豆のペペロンチーノ
  • コーンのオーブン焼き
  • グレビーソース
  • フリフリソース
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のハワイアンフェアーのコーナー その2グランブッフェ 千葉ニュータウン店のハワイアンフェアーのコーナー その2
  • スクランブルエッグ
  • バーベキューチキン
  • ハンバーグ

パンとご飯物

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のパンコーナグランブッフェ 千葉ニュータウン店のパンコーナ
  • パン
  • いちごジャム
  • マーガリン
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のチャーハン、麻婆豆腐グランブッフェ 千葉ニュータウン店のチャーハン、麻婆豆腐
グランブッフェ 千葉ニュータウン店の白飯グランブッフェ 千葉ニュータウン店の白飯 
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のカレーグランブッフェ 千葉ニュータウン店のカレー
  • チャーハン
  • 麻婆豆腐
  • 白米
  • カレー

デザートコーナー

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のかき氷機とアイスボックスグランブッフェ 千葉ニュータウン店のかき氷機とアイスボックス

↑ かき氷機:左側のクーラーボックス内の氷を入れる
かき氷シロップは次の3種類

  • メロン
  • イチゴ
  • ブルーハワイ
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のソフトクリームマシーングランブッフェ 千葉ニュータウン店のソフトクリームマシーン


↑ ラストオーダーの20時半を過ぎていたのでソフトクリームの機械が停止していた。
緩くてまともには食べれなかった。
味は悪くない。

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のデザートコーナーグランブッフェ 千葉ニュータウン店のデザートコーナー

上の写真の上の段、左から

  • ハワイアンアップルカスタード
  • 季節のプリン2種類
  • いちごムースケーキ
  • チョコブラウニー
  • 白桃のパウンドケーキ
  • プチシュークリーム
  • 季節のヨーグルーチェ
  • オレンジ

上の写真の下の段、左から

  • フルーツポンチ
  • コーヒーゼリー
  • みかん
  • ぶどう
  • 具だくさんフルーツヨーグルト
  • 寒天
  • あずき
  • 白玉
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のワッフルコーナーグランブッフェ 千葉ニュータウン店のワッフルコーナー

↑ ワッフルコーナーには自分で焼いたワッフルにかけるソースやトッピングは次のとおり種類が多い。

ワッフル用ソース5種類

  • チョコソース
  • ストロベリーソース
  • ブルーベリーソース
  • メープル風シロップ
  • ココナッツチーズソース

トッピング4種類

  • コーンフレーク
  • チョコクランチ
  • ピンクチップ
  • アーモンド
グランブッフェ 千葉ニュータウン店で実際に食べたデザートグランブッフェ 千葉ニュータウン店で実際に食べたデザート

↑ 満腹だったのを抜きにしても、どれも美味しいとは言い難いものばかりだった。

デザートで普通に食べれたのはハワイアンアップルカスタードだけ。

スムージーコーナー

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のスムージーコーナーグランブッフェ 千葉ニュータウン店のスムージーコーナー
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のスムージーのトッピンググランブッフェ 千葉ニュータウン店のスムージーのトッピング

税込329円でスムージーコーナーを利用できる。

スムージーのトッピングは下記の6種類

  • ケール
  • マンゴー
  • パイナップル
  • ヨーグルト
  • ミックスベリー
  • バナナ

スムージーの作り方

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のスムージーのレシピ集グランブッフェ 千葉ニュータウン店のスムージーのレシピ集

↑ 客性の卓上にもスムージーの作り方とレシピが載っている

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のスムージーマシングランブッフェ 千葉ニュータウン店のスムージーマシン

↑ 中央左の機会がスムージーマシン

スムージーの作り方:

  • 氷、果物、野菜等の好きな材料を専用グラスの7分目位まで入れる
  • 扉を手前に開き専用グラスをセットする
  • スタートボタンを押す
  • 約40秒で出来上がり
  • グラスを取り出す

見る限り、スムージーの材料はトッピングやジュース、何を入れても大丈夫のようだ。

ドリンクバー

グランブッフェ 千葉ニュータウン店のドリンクバーのドリンクマシングランブッフェ 千葉ニュータウン店のドリンクバーのドリンクマシン

ドリンクマシンのドリンクは次の9種類

  • 炭酸水
  • コカ・コーラ
  • ジンジャーエール
  • メロンソーダ
  • カルピスソーダ
  • カルピス
  • 爽健美茶
  • 紅茶花伝
  • セイロンティー

写真左側のピッチャータンクは次の2種類

  • オレンジ
  • 黒ウーロン茶
グランブッフェ 千葉ニュータウン店のドリンクバーのコーヒーマシングランブッフェ 千葉ニュータウン店のドリンクバーのコーヒーマシン

コーヒーマシンは下記の6種類のドリンクが出てくる。

  • ブレンド
  • エスプレッソ
  • アイスコーヒー
  • アメリカン
  • カフェラテ
  • アイスカフェラテ


↑ ドリンクバーを注文しなかったので、水はドリンバーのすき間にある水道からセルフで入れる必要がある。

水が白く濁っていた。時刻は20時53分。オーダーストップ後なので機械を洗浄しているのかと思った。臭いをかいだところ問題なかったので気にせず飲んだが。。

グランブッフェ いくら寿司食べ放題 まとめ

今回は平日の夜ということに加えて閉店間際だったこともあり、寿司バーを利用しているのは自分以外に他は1人だけだった。

しかもイクラ寿司食べ放題に参戦しているのは自分だけというガラガラな状態。

そのため寿司担当の従業員の方はほとんど全て、1人だけの為に寿司を作ってくれている状態だったので30分という短時間の間に60貫を達成することが出来た。

確実に言えるのは、いくら寿司のイクラは”本物”だということ。

イクラ好きにはたまらないほど、イクラの味には満足感を得ることができた。

しかし、土日や祝日で混んでいて、寿司バーに行列が出来ていたりすると、再現性はないだろう(今回のような短時間で効率的にイクラ寿司が食べれる状況になるかは定かではない)。

なので、イクラ好きの人は、できることなら平日のオープン時間(11時)に入店して17時までの6時間、お腹か時間が一杯になるまで”いくら寿司”だけを食べることをおススメしたい。

というのも、”いくら寿司”以外で美味しいと感じるものはほとんどなかったからだ。

  • イクラ好きには非常におススメ!後悔はしないだろう
  • イクラ好きなら他の食べ物には一切浮気せず、イクラ寿司だけを食べるべき
  • イクラ寿司食べ放題期間中はリピートしたいと思える