沖縄

【個人でシュノーケリング】宮古島 吉野海岸

沖縄・宮古島にある吉野海岸でシュノーケリングしたときのようすや実体験にもとづいた感想などを解説します。

この記事はこんな人におすすめ!

  • 宮古島の吉野海岸の場所や海の中のようすを知りたい
  • シュノーケリングが大好き

吉野海岸(よしのかいがん)の詳細情報

沖縄の宮古島にある吉野海岸はビートエントリーできるシュノーケリングスポットのなかでも人気のあるスポットです。

吉野海岸の場所

吉野海岸は宮古空港から車で約30分、徒歩だと4時間ほどの場所にあります。

吉野海岸の行き方

吉野海岸は外周道路を道なりに進んでいると海岸の直前に案内板があるのですが、墓石のような小さ看板が低い位置にあるだけなので、見落とす可能性が非常に高いです。

カーナビを利用したほうが確実です。

吉野海岸の全景(景観)

沖縄・宮古島 吉野海岸の入り口沖縄・宮古島 吉野海岸の入り口
沖縄・宮古島 吉野海岸のビーチ沖縄・宮古島 吉野海岸のビーチ

ビーチパラソルが立っていてリゾート感があります。

吉野海岸の駐車場は2か所

吉野海岸は駐車場が2か所あり、海岸に近い方の駐車スペース(無料)は10台分ほどしかないため、シーズンになると遠い方(上)の駐車場だけになり、そこから送迎車でビーチまで行く流れになります。

駐車場代金500円には下の砂浜までの送迎費も含まれています。
戻るときは電話することで迎えに来てもらうことができます。

実際には上の駐車場(シャワー室も含めて)は17時で閉まります。
上の駐車場からビーチまで歩いていけないことはないですが、5分以上かかります。

砂浜の前の駐車場

沖縄・宮古島 吉野海岸の海岸前の駐車場沖縄・宮古島 吉野海岸の海岸前の駐車場

海岸の近くのほうの駐車場はサーファーの人たちでにぎやかです。
夕方に訪れる人はサーファー以外にはいないので駐車場に空きはあります

バイクだとビーチギリギリのところに停めれるのでおすすめです。

吉野海岸の休憩所・シャワーとトレイ

吉野海岸には公共の休憩所はありません。
砂浜には日陰もありません。

イス4脚とテーブルは上側にある駐車場横のショップで1000円でレンタルできます。

上の駐車場には有料のシャワールームと無料のトイレがあります。
17時以降は水道の元栓が停まるので使用できません。

下の砂浜にはトイレもシャワーもなにもありません。

吉野海岸には軽食の売店もありません。
飲料水は自動販売機で購入できます。

吉野海岸シュノーケリングのようす

ここからは実際にシュノーケリングしたときのようすです。

吉野海岸の海中のようす

夕方に訪れたのでサーファーの人が多かったです。

それだけに、隣りの新城海岸と比べると波は高かったです。

私たち以外にシュノーケリングしている人は誰もいませんでした。

沖よりも手前のほうに魚は多くいました。

ただ、サンゴは少し残念でした。

ほとんどのサンゴの色がモノクロに近く、カラフルで綺麗なサンゴはほとんど残っていませんでした。綺麗なサンゴは全体の1割ぐらいです。

沖に行くほどサンゴは汚く、手前のほうが綺麗な状態のサンゴが多かったです。

海水温上昇で発生した茶色い藻がサンゴに付着していることも原因のひとつですが、
人が頻繁に訪れる場所なので人に踏まれたり、壊されて死んでいるサンゴも多かったです。

宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その1)宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その1)
宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その2)宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その2)
宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その3)宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その3)
宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その4)宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その4)
宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その5)宮古島 吉野海岸の海岸の海中のようす(その5)

吉野海岸はシュノーケリング初心者向け

水深が浅く、同じような地形がはるか沖にまで続いているので、シュノーケリング初心者か、小さな子ども向けのスポットです。

中級者以上の人は物足りなくなり、すぐに飽きます。

サンゴの状態を期待するのはNG

サンゴはきれいなサンゴも一部分ありましたが、沖に行けば行くほど代わり映えがしないため殺風景です。

ガイド本やツアー業者さんなどの写真や情報は、昔の写真を利用したり、綺麗な個所だけを載せたりしているようなので、サンゴの綺麗さを過度に期待するのやめたほうがいいでしょう。

吉野海岸 まとめ

吉野海岸はサーフィンする人が多いだけあって、
訪れた日は他の海岸は波がなく穏やかな海の状態でしたが、
この吉野海岸は波がありました。

ただ、シュノーケリングができないぐらい高い波ではありませんでした。

隣りの新城海岸と比べるとサンゴの量は少ないです。
そして、海中では潮の流れが感じられました。

シュノーケリング初心者や小さな子供の場合は新城海岸のほうが楽しめるはずです。

ビーチエントリーシュノーケルリングには必須のおすすめのフィンとドライシュノーケルは別の記事にまとめました。

個人シュノーケリングにおすすめのフィンはこちらの記事です↓
おすすめシュノーケリング用フィンの選び方と製品比較

個人シュノーケリングには必須のドライシュノーケルの記事はこちらです↓
シュノーケリングにおすすめのドライシュノーケル比較